古井 由吉

(フルイ・ヨシキチ)
古井 由吉(ふるい よしきち、1937年11月19日 - )は、日本の小説家、ドイツ文学者。いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている。代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。精神の深部に分け入る描写に特徴があり、特に既成の日本語文脈を破る独自な文体を試みている。 来歴・人物 東京府出身。港区立白金小学校から同高松中学校を経て、1953年4月、獨協高校に入学。隣のクラスに美濃部強次(古今亭志ん朝)がいた。同年9月、都立日比谷高校に転校。同級生に尾高修也や塩野七生、福田章二(庄司薫)がいた。 1956年3月、日比谷高校卒業。1956年4月、東京大学文科二類入学。同文学部独文科卒。同大学院人文科学研究科独語独文学専攻修士課程修了。その後、金沢大学助手、同大学講師を経て、立教大学助教授に着任。 大学教員の時期は、「日常に潜在する苦そのもの」を見た(講談社文芸文庫の自筆年表より)とするフランツ・カフカの研究に加えて、ロベルト・ムージルやヘルマン・ブロッホなどの翻訳をすすめる一方、1968年、処女作「木曜日に」を同人雑誌『白描』に発表、続いて発表した「先導獣の話」、「円陣を組む女たち」で評価される。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第64回 芥川賞 / 第41回 読売文学賞小説賞 / 第19回 谷崎潤一郎賞

古井 由吉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ゆらぐ玉の緒



新潮社 2017-02-28

考える方法: <中学生からの大学講義>2 (ちくまプリマー新書)


桐光学園 編集 /ちくまプリマ―新書編集部 編集 /
筑摩書房

杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫)



新潮社
「杳子は深い谷底に一人で座っていた。」神経を病む女子大生 〈杳子) との、山中での異様な出会いに始まる、孤独で斬新な愛の世界……。現代の青春を浮き彫りにする芥川賞受賞作『杳子』。都会に住まう若い夫婦の

杳子/妻隠



河出書房新社

辻 (新潮文庫)



新潮社 2014-05-28



新潮社

仮往生伝試文(新装版)



河出書房新社

仮往生伝試文



河出書房新社

半自叙伝 (河出文庫)



河出書房新社


古井 由吉の著書を検索する

古井 由吉の関連ニュース


古井 由吉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、古井 由吉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「古井 由吉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.