古川 日出男

(フルカワ・ヒデオ)
古川 日出男(ふるかわ ひでお、1966年7月11日 - )は、日本の小説家、劇作家。 福島県郡山市出身。福島県立安積高等学校卒業。早稲田大学第一文学部中退後、編集プロダクションに勤務。高校で演劇部に所属して以降演劇に関わり、1991年より舞台演出家として活動、戯曲も30本以上書いたという。 1994年、『砂の王(ウィザードリィ外伝)』(現在未完)で小説家としてデビュー。。2002年、『アラビアの夜の種族』で第55回日本推理作家協会賞・第23回日本SF大賞を受賞。2005年、『ベルカ、吠えないのか?』で第133回直木三十五賞候補。2006年、『LOVE』で第19回三島由紀夫賞受賞。 2006年に入って「朗読ギグ」と呼ばれる自作の音読イベントを積極的に行っており、ZAZEN BOYS向井秀徳や吉増剛造と競演するなど、活動の幅を広げている。2011年の東日本大震災以降は宮沢賢治をテーマとした鎮魂のための朗読ライブを展開し、詩人の管啓次郎や音楽家の小島ケイタニーラブとともに朗読劇『銀河鉄道の夜』ツアーを行った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第19回 三島由紀夫賞 / 第67回 読売文学賞小説賞 / 第37回 野間文芸新人賞

古川 日出男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

あるいは修羅の十億年 (集英社文芸単行本)



集英社 2016-04-08
テロ、移民、スラム化した東京、菌糸の生物兵器…2026年の“未来の歴史”を幻視せよ。舞台は2026年東京。放射能汚染によって隔離された被災地「島」からやってきた、天才的騎手・喜多村ヤソウ。東京オリンピ

古川 日出男の著書を検索する

古川 日出男の関連ニュース


古川 日出男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、古川 日出男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「古川 日出男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.