古野 まほろ

(フルノ・マホロ)
古野 まほろ(ふるの まほろ、11月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。血液型はO型。 東京大学法学部卒業。リヨン第三大学法学部第三段階「Droit et Politique de la Sécurité」専攻修士課程修了。フランス内務省より免状「Diplôme de Commissaire」授与。なお学位授与機構より学士(文学)。 警察庁Ⅰ種警察官として交番、警察署、警察本部、海外、警察庁等で勤務の後、警察大学校主任教授にて退官。 2007年1月、『天帝のはしたなき果実』で第35回メフィスト賞を受賞し小説家デビューする。「宇山日出臣が発掘した最後の新人」と呼ばれている。綾辻行人、有栖川有栖の両氏に師事。デビューからおよそ10年で長編作品を20作品以上、短編集も含めて25作品以上と、非常にハイペースな刊行がデビューから今も続いている。 代表作は天帝シリーズのほか『ぐるりよざ殺人事件』『その孤島の名は、虚』『ヒクイドリ 警察庁図書館』『臨床真実士 ユイカの論理 文渡家の一族』など。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第35回 メフィスト賞

古野 まほろの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

警察手帳(新潮新書)



新潮社 2017-03-24
警察ほどおもしろい組織はない――三〇万人もの警察職員はどのような仕事をしているのか? 刑事とはどんな人か? 警察手帳の中身は? ドラマとの違いは何? そもそも警察官になるには? 待遇や昇進の条件は? 

禁じられたジュリエット



講談社 2017-03-15
もうひとつの歴史を刻む日本の全寮制高校。現政権下では退廃文学として禁書となっている「ミステリ小説」に触れてしまった女子高生6人が反省室に収監される。彼女たち「囚人役」と、同級生2人の「看守役」の計8人

新任刑事



新潮社

おんみょう紅茶屋らぷさん ~式神のいるお店で、おかわりをどうぞ~<おんみょう紅茶屋らぷさん> (メディアワークス文庫)



KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 2017-02-24
家族、親友、恋する人――人との悩みは人生のスパイス。けどそれが強すぎて、とてもつらいとき。吉祥寺を訪れてみませんか。もしそこで、不思議な霧の街角に迷いこんだら。あたたかな空気に満ちた、その紅茶屋に出会

新任巡査



新潮社

新任巡査



新潮社 2016-10-21
凡庸にして心優しい頼音(ライト)。ある能力を備えた男勝りの希(アキラ)。ふたりの新任巡査の配属先は駅の東と西にある交番だった。毎秒成長し続けなければ、警察官としてやっていけない――。元キャリアの著者に

臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件 (講談社タイガ)



講談社 2017-01-19
言葉の真偽と虚実を判別する瞳を持つ臨床真実士、本多唯花の元に届いた挑戦状。差出人ABXの予告通り、赤坂で頭文字Aを持つ少年が殺された。連続殺人勝負に見立て、ABXは唯花を挑発する。一週間後、第二の殺人

古野 まほろの著書を検索する

古野 まほろの関連ニュース


古野 まほろのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、古野 まほろと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「古野 まほろ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.