古谷 綱正

(フルヤ・ツナマサ)
古谷 綱正(ふるや つなまさ、1912年4月15日 - 1989年5月11日)は、日本のジャーナリスト、ニュースキャスター。 人物・来歴 東京出身。旧制成城高等学校を経て京都帝国大学文学部に入学し、滝川事件時には文部省による大学自治への干渉に反対、花田清輝・高木養根らとともに学生運動の中心となった。卒業後、1935年に東京日日新聞社(のちの毎日新聞社)へ入社。整理部、学芸部などを歴任。整理部時代の1941年12月8日、当日の朝刊では唯一となる「日米開戦」スクープの紙面作りにも携わっている。1953年に論説委員となり、巻頭コラム「余録」を執筆。1964年にフリーとなる。毎日新聞社在職中の1962年10月1日から開始したTBSテレビの総合ニュース『JNNニュースコープ』のメインキャスター(1964年4月~1981年3月)を務めた。 優しく親しみのあるキャラクターと分かりやすい解説で視聴者の人気を得た。 特にニュース原稿を読む場合「○○にある」「○○でおこった」などとするところを「○○にあります」「○○で発生いたしました」などと丁寧な表現を使うことが多かった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

古谷 綱正の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

北一輝「日本改造法案」 (1971年)



鱒書房 ビデオ出版


古谷 綱正の著書を検索する

古谷 綱正の関連ニュース


古谷 綱正のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、古谷 綱正と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「古谷 綱正」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.