古山 高麗雄

(フルヤマ・コマオ)
古山 高麗雄(ふるやま こまお、1920年(大正9年)8月6日 - 2002年(平成14年)3月11日)は、日本の小説家、随筆家、編集者。芥川賞作家 主として太平洋戦争での従軍体験や戦後の生活を舞台にした小説を発表し、いかなる場においても変わることのない人間のありかたを描き出した。 1920年(大正9年) - 朝鮮新義州で開業医の家庭に生まれる。 1938年(昭和13年) - 新義州中学校首席卒業。成績面では平安北道知事賞を受けて卒業式で答辞を読む資格があったが、自習の時間に抜け出して池でスケートをするなどの行動が問題視され、知事賞も答辞も認められなかった。 1939年(昭和14年) - 第二高等学校理科不合格。筆記試験は合格だったが、面接で「教練と体操は嫌いです」と言ったせいで落とされたという(『人生、しょせん運不運』P.70-71)。城北高等補習学校にて安岡章太郎の知遇を得る。 1940年(昭和15年) - 慶應義塾大学医学部予科と第三高等学校文科丙類に合格し、後者に入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第63回 芥川賞

古山 高麗雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

古山 高麗雄の著書を検索する

古山 高麗雄の関連ニュース


古山 高麗雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、古山 高麗雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「古山 高麗雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.