源氏 鶏太

(ゲンジ・ケイタ)
源氏 鶏太(げんじ けいた、1912年(明治45年)4月19日 - 1985年(昭和60年)9月12日 )は、日本の小説家。富山市出身。旧制富山商業学校(現・富山県立富山商業高等学校)卒。本名、田中富雄。ペンネームの由来は「平家より源氏が好きなこと」と「『鶏』という字が好きで、『鶏太』とすると、昔の武士の名前のようになる」という理由。長男の田中継根はロシア文学研究者で東北大学名誉教授。 略歴・人物 父は富山の置き薬売りで、家庭は豊かではなかった。7人兄弟の末っ子だったが、兄・姉たちとは年がはなれており、源氏が物心つく頃には兄・姉たちは家を出ていたため、母と2人で暮らす。富山商業学校時代は、中山輝に師事して詩を書いていた。詩誌『新詩脈』の同人には、友人で詩人の川口清がいた。 1930年、大阪の住友合資会社(1937年に住友本社に改組)に入社し、経理課長代理まで昇進した。戦後の財閥解体時は、GHQからの指示で、住友本社の清算事務を担当した。その後は、泉不動産(現・住友不動産)で総務部次長を務め、サラリーマン時代はずっと経理畑を歩んだ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第25回 直木賞 / 第5回 吉川英治文学賞

源氏 鶏太の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

社員根性 (1960年) (春陽文庫)



春陽堂文庫出版

青空娘 (ちくま文庫)



筑摩書房

青空娘 (ちくま文庫)



筑摩書房 2016-12-09
主人公の少女、小野有子は祖母の死によって自身の出生の秘密を知り、見知らぬ土地東京で暮らすことになる。継母とその子供たちからのいじめ、手がかりの少ない実母の行方探しなど幾多の困難にぶつかるが、それでも健

青空娘 (講談社文庫 け 1-6)



講談社
昭和59年第5刷発行です。カバーに少しスレと押し痕があります。角に僅かに反りがあり、天・小口・地に少しヤケがありますが、読むには問題ありません。

最高殊勲夫人 (ちくま文庫)



筑摩書房 2016-12-09
野々宮杏子は、三原商事の社長夫人である姉から、義弟の三原三郎との政略的な結婚を持ちかけられる。しかし、利発な彼女は恋人がいると嘘をつき、三郎と協力してこの話が実現しないよう奔走する。それぞれに別の結婚

停年退職〈下〉 (河出文庫)



河出書房新社

停年退職〈上〉 (河出文庫)



河出書房新社


源氏 鶏太の著書を検索する

源氏 鶏太の関連ニュース


源氏 鶏太のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、源氏 鶏太と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「源氏 鶏太」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.