玄侑 宗久

(ゲンユウ・ソウキュウ)
玄侑 宗久(げんゆう そうきゅう、1956年4月28日 - )は日本の小説家、臨済宗の僧侶。福島県在住。東日本大震災復興構想会議委員。 福島県三春町にある臨済宗妙心寺派福聚寺の長男として生まれる。カトリック系の三春幼稚園、地元の小中学校を経て福島県立安積高等学校卒業。この間モルモン教、統一教会、天理教などに触れる。小学校3年の頃、いずれ来たるべき「死」を想って毎晩のように泣いた。また中学3年で罹った日本脳炎のため、3日間の昏睡状態を経験。意識不明中の妄想の記憶と、あとで聞かされた行動などから、あらためて「死」について考えた。高校時代は毎年家出。高三のとき出逢った哲学者星清から後の出家への動機付けを得た。 18歳で上京、予備校を経て慶應義塾大学文学部中国文学科で現代演劇を専攻。在学中にイスラム教、ものみの塔に触れ、また山梨県向嶽寺などで坐禅を組み始める。この頃、小説も書き始め、同人誌「いんぐ」に参加。台湾、輔仁大学華語研究所に私費留学。学生であることを偽り様々な職種を体験。卒業をまえに「第一広告」「共同通信社」の募集要項を取り寄せるが結局試験は受けず、川口市のゴミ焼却場に勤めながら小説を書くがどうにもならず。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第125回 芥川賞

玄侑 宗久の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

開祖ブッダをどう説くか



四季社
現代においてブッダをどのように説くことができるのかに挑戦した試論集。第一部は、ブッダの生涯を二十四の場面に分け、そこで起きたことを簡潔に語り直しました。続いて最新のブッダ研究の成果を利用して、ブッダが

NHK「100分de名著」ブックス 荘子



NHK出版 2016-08-30
完全な受け身──それこそが自由だ今から約2300年前の中国で成立した『荘子』は、一切をあるがままに受け入れるところに真の自由が成立すると説く。禅の成立に大きな役割を果たし、今なお多くの人に

分冊文庫版 鉄鼠の檻 4


正木 晃 解説 /玄侑 宗久 解説 /
講談社

禅的生活 (ちくま新書)



筑摩書房 2013-08-02
生きにくい世の中である。不況、雇用不安などの外圧もさることながら、個人の内部に深く根差した、生きるための目標、足場の固め方までもが見えにくくなっている。だけど、しょせん人はこの身と心で生きてゆくしかな

中陰の花 (文春文庫)



文藝春秋
   第125回芥川賞受賞作。予知能力を持つという「おがみや」ウメさんの臨終に際して、禅寺の住職則道とその妻圭子の織り成す会話から、「死とは何か」「魂とは何か」を見つめた作品。先に発表された第124回

中陰の花 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
自ら予言した日に幽界へ旅立ったウメさんは、探し物を教えてくれる“おがみや”だった。臨済宗の僧侶である則道はその死をきっかけに、この世とあの世の中間=中陰(ちゅういん)の世界を受け入れ、みずからの夫婦関

玄侑 宗久の著書を検索する

玄侑 宗久の関連ニュース


玄侑 宗久のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、玄侑 宗久と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「玄侑 宗久」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.