後藤 明生

(ゴトウ・メイセイ)
後藤 明生(ごとう めいせい、1932年4月4日 - 1999年8月2日)は日本の小説家。本名は明正。 来歴・人物 朝鮮咸鏡南道永興郡生まれ。生家は植民地朝鮮の元山市で商店を営んでいたが、彼が中学に入学した年に敗戦となり、日本に帰国した。その引き揚げの途中で父と祖母を失った。このことは作品の幾つかに散見される。旧制福岡県立朝倉中学校に転入し、早稲田大学第二文学部露文学科を卒業。大学在学中の1955年に『赤と黒の記録』で「文藝」の全国学生小説コンクールに入選。博報堂を経て平凡出版(現・マガジンハウス)に勤務。1962年に『関係』で文藝賞佳作。1967年、「文學界」に発表した『人間の病気』で芥川賞候補となる。1968年には『S温泉からの報告』と『私的生活』で候補となり、退社。1969年に『笑い地獄』で4度目の芥川賞候補となるが、受賞はしなかった。1977年に『夢かたり』で平林たい子文学賞、1981年に『吉野大夫』で谷崎潤一郎賞、1990年に『首塚の上のアドバルーン』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第17回 谷崎潤一郎賞

後藤 明生の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

後藤明生コレクション3 中期


いとうせいこう 編集 /奥泉光 編集 /島田雅彦 編集 /渡部直己 編集 /
国書刊行会

後藤明生コレクション2 前期II


いとう せいこう 編集 /奥泉 光 編集 /島田 雅彦 編集 /渡部 直己 編集 /
国書刊行会

後藤明生コレクション1 前期I


いとうせいこう 編集 /奥泉光 編集 /島田雅彦 編集 /渡部直己 編集 /
国書刊行会

挾み撃ち (講談社文芸文庫)


竹田 信明 解説 /
講談社

挾み撃ち



河出書房新社

笑坂 (1977年)



筑摩書房


後藤 明生の著書を検索する

後藤 明生の関連ニュース


後藤 明生のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、後藤 明生と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「後藤 明生」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.