萩原 朔太郎

(ハギワラ・サクタロウ)
萩原 朔太郎(はぎわら さくたろう、1886年(明治19年)11月1日 - 1942年(昭和17年)5月11日)は、日本の詩人。大正時代に近代詩の新しい地平を拓き「日本近代詩の父」と称される。 生涯 誕生から学生時代 群馬県東群馬郡北曲輪町(現:前橋市千代田町)に、開業医の父・密蔵と母・ケイの長子として生まれた。名前の朔太郎は、長男で朔日(ついたち)生まれであることから、命名された。1893年(明治26年)に群馬県師範学校附属小学校に入学。この頃から神経質かつ病弱であり、「学校では一人だけ除け者にされて、いつも周囲から冷たい敵意で憎まれている。」と孤独を好み、一人でハーモニカや手風琴などを楽しんだ。 師範学校附属小学校高等科を卒業後、1900年(明治33年)に旧制県立前橋中学校(現・群馬県立前橋高等学校)入学。この時代に従兄弟萩原栄次に短歌のことを教わる。校友会誌に『ひと夜えにし』と題してはじめて短歌五首を発表。在学中に級友と共に『野守』という回覧雑誌を出して短歌を発表する。作品には与謝野晶子の影響が見られ、1903年(明治36年)に与謝野鉄幹主宰の『明星』に短歌三首掲載され、石川啄木らと共に「新詩社」の同人となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

萩原 朔太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)


三好 達治 編さん /
岩波書店

萩原朔太郎詩集 (新潮文庫)


河上 徹太郎 編集 /
新潮社

萩原朔太郎詩集 (ハルキ文庫)


北川 透 編集 /
角川春樹事務所

萩原朔太郎詩集 (青春の詩集 日本篇 7)


西脇 順三郎 編さん /
白凰社

萩原朔太郎詩集 (世界の詩 8)


伊藤 信吉 編さん /
彌生書房

萩原朔太郎詩集 (旺文社文庫 45-1)


那珂 太郎 編さん /
旺文社

月に吠える(ゴマブックス大活字シリーズ)

¥1285

ゴマブックス株式会社 2017-03-05

猫町 乙女の本棚 (立東舎)


しきみ イラスト /
リットーミュージック 2016-11-25
萩原朔太郎の『猫町』が人気イラストレーターとコラボレーション! 萩原朔太郎の『猫町』が、『刀剣乱舞』のキャラクターデザインなどで知られ、pixivフォロワー21万人超

萩原 朔太郎の著書を検索する

萩原 朔太郎の関連ニュース


萩原 朔太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、萩原 朔太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「萩原 朔太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.