灰谷 健次郎

(ハイタニ・ケンジロウ)
灰谷健次郎(はいたに けんじろう、1934年〈昭和9年〉10月31日 - 2006年〈平成18年〉11月23日)は、日本の児童文学作家。 兵庫県神戸市の貧しい家庭に生まれ、働きながら定時制高校商業科を卒業。大阪学芸大学(現・大阪教育大学)学芸学部卒業後、小学校教師を務める傍ら児童詩誌『きりん』の編集に携わる。なお、教師時代の教え子に歌手のもんたよしのりがいる。 1962年(昭和37年)、小説『笑いの影』を部落解放同盟から差別小説とされて糾弾を受ける(後述)。その後、1967年(昭和42年)に長兄の自殺、1968年(昭和43年)には実母の死去という事件が重なり、自分が教師であることの意味を見失い、1971年(昭和46年)に、17年間勤めた小学校教師を退職し、沖縄やアジア各地を放浪。1974年(昭和49年)『兎の眼』で児童文壇にデビューする。「兎の眼」はミリオンセラーとなった。 その後「太陽の子」も50万部を超えている。 2006年(平成18年)11月23日、食道がんのため静岡県内の病院で死去。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

灰谷 健次郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

兎の眼 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2012-10-01
大学を出たばかりの新任教師・小谷芙美先生が受け持ったのは、学校では一言も口をきこうとしない一年生・鉄三。決して心を開かない鉄三に打ちのめされる小谷先生だったが、鉄三の祖父・バクじいさんや同僚の「教員ヤ

兎の眼 (フォア文庫 C 55)


長 新太 イラスト /
理論社
『兎の眼』は日本の児童文学の地平を確実に開いた一冊である。<読売新聞評より> 鉄三は口をきかない。みんなで飼っていたカエルも殺してしまう。なぜ?バクじいさんと塵芥処理所に住む鉄三を訪ねた小谷先生と、し

兎の眼



理論社

兎の眼 (角川文庫)



角川書店
兎の眼 (角川文庫) [文庫] [Mar 20, 1998] 健次郎, 灰谷

兎の眼 (理論社の大長編シリーズ)


長谷川 知子 イラスト /
理論社

兎の眼 (新潮文庫)



新潮社

兎の眼 (フォア文庫愛蔵版)


長 新太 イラスト /
理論社


灰谷 健次郎の著書を検索する

灰谷 健次郎の関連ニュース


灰谷 健次郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、灰谷 健次郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「灰谷 健次郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.