浜田 廣介

(ハマダ・ヒロスケ)
浜田 広介(はまだ ひろすけ、旧字体:濱田 廣介、1893年(明治26年)5月25日 - 1973年(昭和48年)11月17日)は、日本の童話作家。本名は廣助。日本児童文芸家協会初代理事長。代表作に『泣いた赤鬼』『椋鳥の夢』『竜の目の涙』などがある。坪田譲治、小川未明とともに児童文学界の三種の神器と呼ばれた。 山形県東置賜郡高畠町の農家に生まれる。米沢中学(現山形県立米沢興譲館高等学校)、早稲田大学英文科卒。 1914年(大正3年)大学入学の年に『萬朝報』の懸賞小説に短編小説『零落』が入選したのを皮切りに何作かの小説を著す。また1917年(大正6年)「大阪朝日新聞」の懸賞新作お伽話一等に『黄金の稲束』が入選したのを機会に、コドモ社の児童雑誌『良友』から童話を発表するようになる。翌年には『途暗し』で北村透谷賞を受けたりするが、やがて童話作家を志すようになる(この間、鈴木三重吉からの『赤い鳥』への参加呼びかけを断っている)。 卒業後ほどなくコドモ社に入社し、児童雑誌『良友』『幼年之友』を編集。1923年(大正12年)から作家に専念した後も同誌から多くの童話を発表する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

浜田 廣介の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ないた あかおに (絵本・日本むかし話)


池田 龍雄 イラスト /
偕成社
◆帯なし。◆カバーは綺麗な状態です。◆中は特に大きな損傷や汚れなどなく概ねキレイな状態です。◆丁寧な梱包、迅速な発送を心がけます。ゆうメールにて発送。除菌クリーニング、ビニール包装済。

浜田廣介童話集 (ハルキ文庫)



角川春樹事務所

泣いた赤おに (ポプラ社文庫 A 19)


深沢 邦朗 イラスト /
ポプラ社

泣いた赤おに (フォア文庫 B)


こさか しげる イラスト /
金の星社

泣いた赤おに


APPLEWAY 出版社 /ともさか りえ ナレーション /
APPLEWAY
主人公はタイトルの通り、ある赤おにです。この赤おには、山のがけのところに住んでいましたが、外見も心の内も、一般的なおにのイメージとは程遠いものでした。力持ちでしたが、とても優しくて、おにの子どもが石を

泣いた赤おに [名作児童文学紙芝居]


石倉 欣二 イラスト /
鈴木出版

むくどりのゆめ (日本の名作)


朝倉摂 イラスト /
講談社

むくどりのゆめ (新装版日本の名作)


朝倉 摂 イラスト /
講談社


浜田 廣介の著書を検索する

浜田 廣介の関連ニュース


浜田 廣介のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、浜田 廣介と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「浜田 廣介」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.