浜尾 四郎

(ハマオ・シロウ)
『濱尾四郎』より : 濱尾 四郎(はまお しろう、1896年4月24日 - 1935年10月29日)は、日本の弁護士、探偵小説家。子爵。貴族院議員。戦後の版では「浜尾四郎」表記が一般的である。 1896年4月24日 、東京市麹町区に男爵で医学博士の加藤照麿の四男として生まれる。 1909年(明治42年)、東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。 1914年(大正3年)、東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。 1917年(大正6年)、第一高等学校卒業。 1918年(大正7年)、東京帝大に入学。子爵枢密院議長にして元東大総長・文部大臣の濱尾新子爵の娘・操と結婚、養子となる。 1923年(大正12年)、 東京帝国大学法学部卒業。演劇と犯罪心理を分析した研究書を多数著す。 1924年(大正13年)、東京区裁判所検事代理を命ぜらる。この時期、探偵雑誌『新青年』(博文館)の依頼で『落語と犯罪』、『犯罪落語考』などのエッセイを発表。 1925年(大正14年)、子爵を襲爵する。検事に任ぜられ、東京地方裁判所兼東京区裁判所検事局勤務。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

浜尾 四郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

浜尾 四郎の著書を検索する

浜尾 四郎の関連ニュース


浜尾 四郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、浜尾 四郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「浜尾 四郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.