花田 清輝

(ハナダ・キヨテル)
花田 清輝(はなだ きよてる、1909年(明治42年)3月29日 - 1974年(昭和49年)9月23日)は、作家・文芸評論家。巧みなレトリックを駆使した文体を特徴とし、映画や演劇の評論も多く手がけ、日本のアヴァンギャルド芸術論の先駆的存在であった。 生涯 生い立ち 福岡県福岡市東公園に生まれ、一人っ子として育つ。旧制福岡中学(現・福岡県立福岡高等学校)から、鹿児島の第七高等学校に入学し、西田哲学に没入、また寮誌『白光』を創刊し長編詩「樹下石上」などを発表。しかし読書に熱中して出席日数不足で2度続けて落第し退学、福岡に戻って九州帝国大学哲学科の聴講生を経て、1929年に京都帝国大学文学部に選科生として入学。この時期、『白光』に小説「ひとつの習作とそのはかないひとりごとの話」、戯曲「窓」、「無構成の美学-エドガア・ポオ瞥見」掲載。1931年に小杉雄二のペンネームで『サンデー毎日』大衆文芸に応募した小説「七」が、入選し掲載される。父親の事業の失敗により学費が払えなくなり、同年11月、京大文学部英文科を除籍される。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

花田 清輝の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

復興期の精神 (講談社文芸文庫)



講談社 2014-04-04
ルネッサンスを生きたダンテ、ダ・ヴィンチら22人の生の軌跡を追求、滅亡に向かう文明の復活の秘密を探る。大胆なレトリックと苛烈な批判精神が横溢する名著!

室町小説集 (講談社文芸文庫)



講談社 2014-07-04
三種の神器の一つの“玉”を巡り、吉野川源流の山奥での武家、公家、入道、神官入り乱れての争奪の顛末。南北朝の対立が生んだ吉野・川上村の伝説が、博渉、強靱な思考の虚々実々の息吹で鮮烈に蘇る。転換期の奔流す

花田 清輝の著書を検索する

花田 清輝の関連ニュース


花田 清輝のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、花田 清輝と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「花田 清輝」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.