塙 保己一

(ハナワ・ホキノイチ)
塙 保己一(はなわ ほきいち、延享3年5月5日(1746年6月23日) - 文政4年9月12日(1821年10月7日))は、江戸時代の国学者。幼名は丙寅にちなみ寅之助(とらのすけ)、失明後に辰之助(たつのすけ)と改める。また、一時期、多聞房(たもんぼう)とも名乗る。雨富検校に入門してからは、千弥(せんや)、保木野一(ほきのいち)、保己一(ほきいち)と改名した。『群書類従』『続群書類従』の編纂者である。総検校。贈正四位。 子に伊藤博文と山尾庸三に暗殺されたと推測される国学者塙忠宝がいる。 生い立ち 武州児玉郡保木野村(現在の埼玉県本庄市児玉町保木野)に生まれる。塙は師の雨富須賀一の本姓を用いたもので、荻野(おぎの)氏の出自。近世に帰農した、百姓の家系であるという。父は宇兵衛、母は藤木戸村(現在の加美郡木戸村)の名主斎藤理左衛門家の娘きよ。弟卯右衛門(うえもん)。 幼少時 幼少の頃から身体は華奢で乳の飲み方も弱く、丈夫ではなかった。草花を好み、非常に物知りであったという。5歳のときに疳(かん)の病気(胃腸病)にかかったのが原因で、目痛や目やにの症状が出て徐々に視力が弱っていき、7歳の春に失明した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

塙 保己一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

続羣書類従〈補遺 第2 上〉看聞御記 (1958年)


塙 保己一 編集 /
続群書類従完成会

続羣書類従〈補遺 第2 下〉看聞御記 (1959年)


塙 保己一 編集 /
続群書類従完成会

群書類従 第14輯 和歌部 [5]



続群書類従完成会

続群書類従 第13輯下 文筆部/消息部


塙 保己一 編さん /
続群書類従完成会

続群書類従 第19輯上 管弦部


塙 保己一 編さん /
続群書類従完成会

続羣書類従〈第23輯 下〉武家部 (1959年)


塙 保己一 編集 /
続群書類従完成会

群書類従 第6輯 律令部/公事部



続群書類従完成会

群書系図部集 第7



続群書類従完成会

群書系図部集 第3



続群書類従完成会


塙 保己一の著書を検索する

塙 保己一の関連ニュース


塙 保己一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、塙 保己一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「塙 保己一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.