半藤 一利

(ハンドウ・カズトシ)
半藤 一利(はんどう かずとし 1930年(昭和5年)5月21日 - )は、日本の作家、随筆家。近現代史、特に昭和史に関し人物論・史論を、対談・座談も含め多く刊行している。 先祖は長岡藩士。東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)に生まれる。実父は運送業と区議をつとめる。近所に幼少期の王貞治が住んでおり顔見知りだった。東京府立第七中学校に入学、1945年(昭和20年)3月の東京大空襲では逃げまどい中川を漂流し、死にかける体験をする。茨城県の県立下妻中学校を経て、父の生家のある新潟県長岡市へ疎開し、県立長岡中学校3年次で終戦を迎え、そこを卒業後東京へ戻る。浦和高等学校 (旧制) (学制改革のため1年間で修了) を経て、東京大学へ進学。大学ではボート部で活躍した。東京大学文学部国文科卒業。 1953年(昭和28年)に文藝春秋新社に入社した。同期入社に田中健五。流行作家の坂口安吾の原稿取りをして、坂口から歴史に絶対はないことと歴史を推理する発想を学び、冗談めかして坂口に弟子入りしたと称している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

半藤 一利の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

文藝春秋2017年6月号[雑誌]



文藝春秋 2017-05-10
月刊「文藝春秋」6月号 おもな記事【大特集】人口減少はこわくない◎江戸時代の日本に戻れ(細川護熙)◎ルポ 子どもが増えた地方の秘密 ◎座談会

ビッグコミックオリジナル 2017年11号(2017年5月20日発売) [雑誌]



小学館 2017-05-20
思想と言論の自由を問う!!巻頭カラー!!『赤狩り』山本おさむ ●新連載第2回!! 『人間失格』伊藤潤二 原作/太宰治 ●昭和天皇物語 能條純一 原作:半藤一利 (『昭和史』平凡社刊)脚本:永福一成 監

ビッグコミックオリジナル 2017年10号(2017年5月2日発売) [雑誌]



小学館 2017-05-02
新連載攻勢第2弾!巻頭カラー !! ●『人間失格』伊藤潤二 原作/太宰治 ●看護助手のナナちゃん 野村知紗 ●釣りバカ日誌 やまさき十三+北見けんいち ●昭和天皇物語 能條純一 原作:半藤一利 脚本:

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)



平凡社 2012-01-01
授業形式の語り下ろしで「わかりやすい通史」として絶賛を博し、毎日出版文化賞特別賞を受賞したシリーズ、待望のライブラリー版。過ちを繰り返さない日本へ、今こそ読み直す一べき1冊。巻末に講演録『

昭和史 1926-1945



平凡社

文士の遺言 なつかしき作家たちと昭和史



講談社 2017-03-24
今ではどんな人物だったか知る人も少なくなった、戦後を代表する大作家たち。彼らは、「昭和」という時代をいかに見つめ、実際に生き抜いたのか──。昭和史研究で知られるノンフィクション作家・半藤一利氏が、文藝

昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー 672)



平凡社 2012-01-01
焼跡からの復興、講和条約、高度経済成長、そしてバブル崩壊の予兆を詳細に辿る、「昭和史」シリーズ完結篇。現代日本のルーツを知り、世界の中の日本の未来を考えるために必読の1冊。巻末に講演録『昭

半藤 一利の著書を検索する

半藤 一利の関連ニュース


半藤 一利のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、半藤 一利と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「半藤 一利」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.