原 武史

(ハラ・タケシ)
原 武史(はら たけし、1962年8月29日 - )は、日本の政治学者、放送大学教授。専攻は、日本政治思想史。近現代の天皇・皇室・神道の研究を専門とする。また、「鉄道」や「団地」や「広場」の研究を進めるなかで、抽象的な言説ではなく、具体的な場所に着目する「空間政治学」を提唱している。阪急電鉄の小林一三、東急電鉄の五島慶太、西武鉄道の堤康次郎といった鉄道事業家たちに強い関心を示している。 東京都渋谷区出身。西東京市のひばりが丘団地、東村山市の久米川団地、東久留米市の滝山団地を転々とする。 学歴 東久留米市立第七小学校卒業 慶應義塾普通部卒業 慶應義塾高等学校卒業 1986年 - 早稲田大学政治経済学部(藤原保信ゼミ)卒業 1992年3月 - 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程中退 職歴 1986年4月 - 国立国会図書館職員 1987年4月 - 日本経済新聞社東京社会部記者(宮内記者会に所属し昭和天皇の病状報道に従事) 1992年 - 東京大学社会科学研究所助手 1997年4月 - 山梨学院大学法学部助教授 2000年4月 - 明治学院大学国際学部助教授 2004年4月 - 同教授、国際日本文化研究センター客員教授 2006年7~8月 - ケンブリッジ大学東洋学部客員研究員 2008年4月~2012年3月 - 明治学院大学国際学部付属研究所所長 2016年 放送大学教授 受賞歴 1998年 - 『「民都」大阪対「帝都」東京――思想としての関西私鉄』で、サントリー学芸賞社会・風俗部門。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

原 武史の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

高校生と考える世界とつながる生き方 桐光学園大学訪問授業



左右社 2017-03-30
隈研吾、千住博、平田オリザ、木村草太をはじめとする幅広いジャンルにわたる一流講師陣が、中高生の好奇心を刺激した「大学訪問授業」の記録。2015年度「桐光学園特別授業」全19回を収録。

日本政治思想史 (放送大学教材)



放送大学教育振興会

大正天皇 (朝日文庫)



朝日新聞出版 2015-04-07

昭和天皇 御召列車全記録


原 武史 監修 /日本鉄道旅行地図帳編集部 編集 /
新潮社

「昭和天皇実録」を読む (岩波新書)



岩波書店 2015-12-17
昭和天皇の生誕から死去までを年代順に記述した「昭和天皇実録」.その細部を丁寧に読みこむと,これまで見えてこなかった「お濠の内側」における天皇の生活様態が明らかになってくる.祭祀への姿勢,母との確執,戦

原 武史の著書を検索する

原 武史の関連ニュース


原 武史のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、原 武史と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「原 武史」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.