長谷川 伸

(ハセガワ・シン)
長谷川 伸(はせがわ しん、1884年(明治17年)3月15日 - 1963年(昭和38年)6月11日)は日本の小説家、劇作家である。本名は長谷川 伸二郎(はせがわ しんじろう)。使用した筆名には他にも山野 芋作(やまの いもさく)と長谷川 芋生(はせがわ いもお)があり、またそのほか春風楼、浜の里人、漫々亭、冷々亭、冷々亭主人などを号している(筆名が多いのは新聞記者時代の副業ゆえ名を秘したためである)。 「股旅物」というジャンルを開発したのはこの長谷川であり、作中できられる「仁義」は実家が没落して若い頃に人夫ぐらしをしていた際に覚えたものをモデルにしたという。 神奈川県横浜市(日ノ出町)の土木業の家に生れる。実母は横浜市泉区の出身だが、夫の暴力・放蕩が原因で、伸が3歳のとき家を出る。後年『瞼の母』の主題となる母との再会を果たした。 実家が没落したため小学校3年生で中退して船渠勤め等に従事。品川の遊郭で出前持ちをするなど住み込みの走り使いや水撒き人足として働く間に、港に落ちている新聞のルビを読んでは漢字を覚えた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

長谷川 伸の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

実践ビジネスプラン<第2版>


川上智子 編集 /徳常泰之 編集 /長谷川伸 編集 /
中央経済社

野球ステップアップシリーズ 守備編〈2〉捕手/外野手


清水 隆一 監修 /
ベースボールマガジン社

劇画・長谷川 伸シリーズ 一本刀土俵入 (イブニングKC)


長谷川 伸 原著 /
講談社 2012-06-22

劇画・長谷川 伸シリーズ 一本刀土俵入 (イブニングコミックス)


小林まこと その他 /
講談社 2014-01-31
小林まことの手で蘇る、義理と人情の物語。現代(いま)だからこそ伝えたい“美しさ”がここにある――。『柔道部物語』『1・2の三四郎』他、名作のキャストが総出演!! 十年前、櫛、簪、巾着ぐるみ、意見を貰っ

劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母 (イブニングコミックス)



講談社 2014-03-20
小林まことが全精力を注ぎ、美しき義理と人情の世界を描き出す。長谷川伸が残した名作を、これまでの小林作品のキャラクター達が、躍動感一杯に演じるまったく新しい試み。今回はシリーズ最高傑作の『瞼の母』を小林

劇画・長谷川 伸シリーズ 沓掛時次郎 (イブニングコミックス)


小林まこと その他 /
講談社 2014-01-31
一宿一飯の恩があるので怨みもつらみもねぇおまえさんとは敵対するが、信州沓掛の時次郎という下らねぇ者でござんす。親子連れに見える3人が、ある旅籠にやってきた。自分達は夫婦ではないという男に主人が真相を問

劇画・長谷川 伸シリーズ 沓掛時次郎 (イブニングKC)


長谷川 伸 原著 /
講談社 2010-11-22

劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母 (イブニングKC)


長谷川 伸 原著 /
講談社 2014-03-20


長谷川 伸の著書を検索する

長谷川 伸の関連ニュース


長谷川 伸のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、長谷川 伸と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「長谷川 伸」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.