長谷川 集平

(ハセガワ・シュウヘイ)
長谷川 集平(はせがわ しゅうへい、1955年4月19日 - )は日本の絵本作家、ミュージシャン。 来歴・人物 兵庫県姫路市出身。兵庫県立姫路東高等学校卒業。武蔵野美術大学中退。 1976年第3回創作えほん新人賞を受賞した『はせがわくんきらいや』でデビュー。森永ヒ素ミルク中毒事件(長谷川自身もヒ素の入った粉ミルクを飲んだ)を扱いながら、日本人の生活や心理を大胆に切り取り、斬新な絵本作法で鮮烈なデビューを飾った。 初期の『とんぼとりの日々』『トリゴラス』『日曜日の歌』から東日本大震災以降の『小さなよっつの雪だるま』『れおくんのへんなかお』『およぐひと』『アイタイ』『あなに』『天使がいっぱい』『むねがちくちく』まで約40年、常に絵本の可能性を問いながら、子どもからおとなまで幅広い年齢層の読者を増やしてきた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

長谷川 集平の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

長谷川 集平の著書を検索する

長谷川 集平の関連ニュース


長谷川 集平のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、長谷川 集平と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「長谷川 集平」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.