橋本 治

(ハシモト・オサム)
橋本 治(はしもと おさむ、男性、1948年(昭和23年)3月25日 - )は、日本の小説家、評論家、随筆家。 来歴・人物 東京都杉並区出身。アイスクリーム屋の息子に生まれる。大学在学中に、「とめてくれるなおっかさん 背中の銀杏が泣いている 男東大どこへ行く」というコピーを打った東京大学駒場祭のポスターで注目される。イラストレーターを経て、 1977年の小説『桃尻娘』(第29回小説現代新人賞佳作)を振り出しに、文筆業に転じる。該博な知識と独特な文体を駆使して評論家・随筆家として活躍する一方、古典文学の現代語訳・二次創作にもとりくむ。また、編み物にも才能を発揮。製図を作ってから精密に編み込まれたセーターなどが話題を呼び、男の編み物を出版するに至った。編み込まれた題材はデビッド・ボウイのアラジン・セイン、山口百恵、浮世絵など。糸井重里、野坂昭如、早川タケジらがつとめた。 1984年度のフジテレビのイメージキャラクターをおかわりシスターズと共につとめたことがある。 小林秀雄賞(第6回より)の選考委員を務めている。 学歴 杉並区立新泉小学校卒業 杉並区立和泉中学校卒業 東京都立豊多摩高校卒業 東京大学文学部国文学科卒業。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第18回 柴田錬三郎賞

橋本 治の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

たとえ世界が終わっても その先の日本を生きる君たちへ (集英社新書)



集英社 2017-04-21
“イギリスのEU離脱決定”と“ドナルド・トランプのアメリカ大統領当選”を見て、成長と拡大を求め続ける資本主義経済の終焉を確信したという橋本治。資本主義の終わりとは何か? その後を我々はどう生きるべきな

性のタブーのない日本 (集英社新書)



集英社 2016-02-19
「目が合う」ということと「セックスをする」ということの間に大きな一線がなかった古代。「優雅な恋物語の世界」と思われがちな平安時代ですら、文学や絵巻物からは、強烈な「人間生理」とともに世界を認識していた

負けない力



大和書房

atプラス31


岩沢 蘭 写真 /
太田出版


橋本 治の著書を検索する

橋本 治の関連ニュース


橋本 治のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、橋本 治と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「橋本 治」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.