蓮池 薫

(ハスイケ・カオル)
『北朝鮮による日本人拉致問題』より : 蓮池 薫(はすいけ かおる、1957年9月29日 - )は、日本の翻訳家。新潟県柏崎市出身。1978年から2002年まで北朝鮮による日本人拉致問題の被害者として、北朝鮮で生活。新潟県立柏崎高等学校を経て、中央大学法学部卒業、新潟大学大学院修了、文学修士。新潟産業大学経済学部准教授。新潮ドキュメント賞受賞。蓮池透の実弟。 1978年7月31日、中央大学法学部3年在学中に、夏休みで実家に帰省していたところを当時交際していた女性とともに、新潟県柏崎市の海岸で北朝鮮の工作員、通称チェ・スンチョル並びに共犯者・自称韓明一(ハン・ミョンイル)こと通称ハン・クムニョン及び通称キム・ナムジンに拉致され、24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。その間ともに拉致された女性と結婚、一男一女をもうける。 2002年10月15日帰国後、2005年から学校法人柏専学院嘱託職員となり新潟産業大学で韓国語の教育に従事するかたわら、2004年9月24日中央大学に復学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

蓮池 薫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

拉致と決断 (新潮文庫)



新潮社 2015-03-28

拉致と決断(新潮文庫)



新潮社 2015-09-18
恋人と語らう柏崎の浜辺で、声をかけてきた見知らぬ男。「煙草の火を貸してくれませんか」。この言葉が、〈拉致〉のはじまりだった――。言動・思想の自由を奪われた生活、脱出への希望と挫折、子どもについた大きな

拉致と決断



新潮社
表紙に若干の破れがあります。 本自体は美品です。

夢うばわれても 拉致と人生 100年インタビュー



PHP研究所 2015-12-28
NHKBSで放送中の人物ドキュメント番組「100年インタビュー」で語られた、拉致被害者であり、現在翻訳家・新潟産業大学専任講師として活躍する蓮池薫さんの言葉を単行本化したもの。大学3年の夏休み、帰省中

トガニ―幼き瞳の告発


孔 枝泳 原著 /蓮池 薫 翻訳 /
新潮社
この小説が、韓国社会を震わせた。現実の性虐待事件を描く戦慄のベストセラー! その学園は、偽善と倒錯のるつぼだった――障害児学校に赴任した若き教師カン・インホが見たのは、想像を絶する光景だった。無垢な生

ハル―哲学する犬


Barunson イラスト /蓮池 薫 翻訳 /
ポプラ社

半島へ、ふたたび (新潮文庫)



新潮社 2011-12-24

半島へ、ふたたび



新潮社


蓮池 薫の著書を検索する

蓮池 薫の関連ニュース


蓮池 薫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、蓮池 薫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「蓮池 薫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.