蓮實 重彦

(ハスミ・シゲヒコ)
蓮實 重彥(はすみ しげひこ、1936年(昭和11年)4月29日 - )は、東京府生まれのフランス文学者(パリ大学博士)、映画評論家、文芸評論家、編集者。第26代東京大学総長、東京大学名誉教授。 『反=日本語論』で第29回読売文学賞を受賞。2007年、『「赤」の誘惑 フィクション論序説』を発表。2008年、7年ぶりとなる批評集『映画崩壊前夜』を発表する。そのほかの著書に『批評あるいは仮死の祭典』(1974年)、『表層批評宣言』(1985年)などがある。 立教大学時代の教え子として映画監督の黒沢清、青山真治などがいる。 年表 1936年 - 東京府(現・東京都)麻布区(現・港区)六本木町(現・六本木)に生まれる。父は美術史家の蓮實重康。 1943年 - 学習院初等科へ入学。 1949年 - 学習院中等科へ進学。 1952年 - 学習院高等科へ進学。 1955年 - 大学受験に失敗。研数学館で浪人生活を送る。 1956年 - 東京大学教養学部文科二類(現・三類)へ入学。 1958年 - 東京大学文学部仏蘭西文学科へ進学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第29回 三島由紀夫賞

蓮實 重彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー


山田 宏一 翻訳 /蓮實 重彦 翻訳 /
晶文社

伯爵夫人



新潮社 2016-12-02
帝大入試を間近に控えた二朗は、謎めいた伯爵夫人に誘われ、性の昂ぶりを憶えていく。そこに容赦なく挑発を重ねる、従妹の蓬子や和製ルイーズ・ブルックスら魅力的な女たち。しかし背後には、開戦の足音が迫りつつあ

伯爵夫人



新潮社

表層批評宣言 (ちくま文庫)



筑摩書房
1992年7刷 当時の定価450円 カバーあり。カバーに多少のスレヨゴレ、ページに折り跡、マーカーによる線引き書込みございますが、比較的きれいな状態です。画像アップしておりますのでご確認ください。迅速

表層批評宣言 (ちくま文庫)



筑摩書房 2013-09-20
〈批評〉とは存在が過剰なる何ものかと荒唐無稽な遭遇を演じる徹底して表層的な体験にほかならない――どこまでも不敵な哄笑を秘めて蛇行する言葉の運動と、遊戯的な戦略に満ちた本書は「知」と「文学」の制度化=反

監督 小津安二郎〔増補決定版〕 (ちくま学芸文庫)



筑摩書房 2017-03-10
「残された作品の画面に何が具体的に見えるか、そしてそのイメージが、見るもののフィルム的感性をどのように刺激するかを論じてみたい。つまり、現実のフィルム体験として生きうる限りの小津安二郎の作品について語

映像の詩学



筑摩書房


蓮實 重彦の著書を検索する

蓮實 重彦の関連ニュース


蓮實 重彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、蓮實 重彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「蓮實 重彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.