秦 郁彦

(ハタ・イクヒコ)
秦 郁彦(はた いくひこ、1932年(昭和7年)12月12日 - )は、日本の官僚、歴史学者、現代史家。元日本大学法学部教授。法学博士(東京大学、1974年)。 山口県田布施町出身。鉄道省の技術官吏である父は太平洋戦争中に陸軍司政官としてフィリピン北部のカガヤン州における鉄道建設に従事して戦死した。1952年に山口県多々良学園高校を卒業後東京大学法学部に進み在学中は戦史研究に没頭し、丸山真男の指導を受けてA級戦犯を含む多くの旧日本軍将校らからのヒアリングを実施した。1955年に6級職国家公務員採用試験(経済)に合格し1956年に卒業、大蔵省に入省した。同期に小粥正巳(大蔵事務次官)、大橋宗夫(関税局長)などがいる。為替局、中国財務局、名古屋国税局、経済企画庁などで勤務。 1963年にハーバード大学、1964年にコロンビア大学にそれぞれ留学している。1965年に防衛庁防衛局に出向し、防衛研修所(防衛研究所)教官、防衛大学校講師を務めた。1971年から1976年までは大蔵省財政史室室長として昭和財政史の編纂に携わり、自身もアメリカの対日占領政策についての著書を出した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

秦 郁彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

陰謀史観(新潮新書)



新潮社 2012-10-19
誰が史実を曲解し、歴史を歪めるのか? そのトリックは? 動機は? 明治維新から日露戦争、田中義一上奏文、張作霖爆殺、第二次世界大戦、東京裁判や占領政策、9・11テロまで、あらゆる場面で顔を出す「陰謀史

慰安婦問題の決算



PHP研究所

慰安婦問題の決算 現代史の深淵



PHP研究所 2016-07-29
「慰安婦問題」「朝日新聞問題」など、歴史戦の中心で論戦を繰り広げてきた現代史家である著者。その論は、実証的であり、イデオロギーにとらわれない立場から円熟の思考で練り上げられる、まさにプロの仕事である。

日本陸海軍総合事典


秦 郁彦 編集 /
東京大学出版会

明と暗のノモンハン戦史



PHP研究所 2014-10-31
1990年前後から、ノモンハン戦史に関する旧ソ連軍側の第一次資料が利用できるようになったことから、在来のノモンハン戦像が大きく揺らいだ。著者が本書を執筆しようと考えたのも、この動きが進んで、日露(ソ)

日本陸海軍総合事典


秦 郁彦 編集 /
東京大学出版会


秦 郁彦の著書を検索する

秦 郁彦の関連ニュース


秦 郁彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、秦 郁彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「秦 郁彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.