秦 恒平

(ハタ・コウヘイ)
秦 恒平(はた こうへい、1935年12月21日 - )は日本の小説家。 来歴・人物 京都市生まれ。京都市立日吉ヶ丘高等学校、同志社大学文学部(美学)卒業。同大大学院中退。1959年上京して医学書院に勤める。1969年、「清経入水」が太宰治賞を受賞し文壇にデビュー。1971年「廬山」で芥川賞候補。74年医学書院を辞めてフリーとなるが、東横学園女子短期大学で非常勤講師を務め、1992年から東京工業大学客員教授も務めた。2015年京都府文化賞・功労賞受賞。 作家の秦建日子は長男。長女・朝日子の夫は押村高。評論家の北沢恒彦は兄。文芸評論家・作家の黒川創は甥。「大きな古時計」で知られる作詞家の保富康午は妻の兄にあたる。 日本の平安朝から中世までの古典に関心が深く、それらをモティーフとした作品、評論が多い。谷崎潤一郎に傾倒しており、谷崎に関する著書もある。1980年代、小森陽一による夏目漱石『こゝろ』の解釈に賛同し、「私」が「静」と結ばれるという筋の戯曲も書いた。 自著のうち絶版になったものを、代表作の一つ『みごもりの湖』に因み、「湖(うみ)の本」として刊行を続けており、その作品のほとんどは自身のウェブページで読むことができる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

秦 恒平の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

なよたけのかぐやひめ(『竹取物語』より)―二ヶ国語絵本


本多 豊國 イラスト /
ラボ教育センター

月皓く (1976年)



集英社

古美術読本(二) 書蹟 (知恵の森文庫)


秦 恒平 編集 /
光文社

源氏物語を歩く (楽学ブックス―文学歴史)



ジェイティビィパブリッシング

秘色 (1970年)



筑摩書房
元版。著者処女作品集。太宰治賞受賞「清経入水」など4篇収録。

能の平家物語



朝日ソノラマ


秦 恒平の著書を検索する

秦 恒平の関連ニュース


秦 恒平のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、秦 恒平と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「秦 恒平」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.