早船 ちよ

(ハヤフネ・チヨ)
早船 ちよ(はやふね ちよ、1914年〈大正3年〉7月25日 - 2005年〈平成17年〉10月8日)は日本の小説家・児童文学作家。 生涯 岐阜県高山市出身。1929年(昭和4年)、高山女学校高等科卒業し、産婦人科の病院に看護婦見習として就職。この年に最初の童話「松葉牡丹の種子」を「鑑賞文芸」に掲載。1930年(昭和5年)、東洋レーヨン石山工場に転職。1931年(昭和6年)には片倉製糸諏訪工場へ再度転職する。この時期の職歴がのちの作品に大きく反映されている。 1934年(昭和9年)に文学者の井野川潔と結婚。1941年(昭和16年)、夫とともに文学同人誌「山脈」を創刊、初めての童話集『七ヒキノコガニ』を出版。1959年(昭和34年)より1960年(昭和35年)にかけて『キューポラのある街』を雑誌「母と子」に連載。同作は、1961年(昭和36年)に出版され、翌1962年(昭和37年)には日本児童文学者協会賞を受賞するとともに日活で吉永小百合主演により映画化された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第2回 日本児童文学者協会賞

早船 ちよの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

いさごむしのよっ子ちゃん (新日本出版社の絵本)


市川 禎男 イラスト /
新日本出版社
いさごむし(トビケラの幼虫)のよっ子ちゃんが、あしの茎に付いている卵から生まれ、川底の木くずや砂つぶを身にまといミノムシのような姿になって、やがて羽化してあしの茎に卵を産み付けるまでのお話です。

キューポラのある街 1 (講談社文庫)



講談社
早船ちよによる児童文学作品。1961年刊行。1962年度の日本児童文学者協会賞受賞。同年、吉永小百合主演で映画化された。

ハワイの女王 (世界の民話)



けやき書房
迅速発送

キューポラのある街 (理論社名作の愛蔵版)


鈴木 義治 イラスト /
理論社

キューポラのある街



けやき書房

キューポラのある街 (名作版 日本の児童文学)


鈴木 義治 イラスト /
理論社


早船 ちよの著書を検索する

早船 ちよの関連ニュース


早船 ちよのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、早船 ちよと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「早船 ちよ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.