林 京子

(ハヤシ・キョウコ)
林 京子(はやし きょうこ、1930年8月28日 - )は小説家。本名は宮崎京子。 1930年8月28日、長崎県長崎市出身。誕生の翌年、父(三井物産社員)の勤務地・上海に移住し、1945年に帰国し、長崎県立長崎高等女学校3年に編入学。同年8月9日、市内大橋にある三菱兵器工場に学徒動員中、被爆した。爆心地に近かったが奇跡的に助かったと言われている。長崎医科大学附属厚生女学部専科中退。1963年被爆者手帳を受ける。 被爆からおよそ30年を経て、その体験をモチーフに書きつづった短編『祭りの場』(『群像』1975.6)で第18回群像新人文学賞、および第73回芥川賞。実質文壇へ登場するきっかけとなった同作は芥川賞選考委員の井上靖らに激賞を受けるが、逆に安岡章太郎は「事実としての感動は重かったが、それが文学としての感動に繋がらなかった」と受賞に対して批判的であった。 受賞後に執筆した、十二の短編からなる連作『ギヤマン ビードロ』にて芸術選奨文部大臣新人賞受賞の内示を受けるが、「被爆者であるから国家の賞を受けられない」として辞退。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第73回 芥川賞 / 第53回 野間文芸賞 / 第26回 谷崎潤一郎賞

林 京子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

林 京子の著書を検索する

林 京子の関連ニュース


林 京子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、林 京子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「林 京子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.