林 真理子

(ハヤシ・マリコ)
林 真理子(はやし まりこ、1954年4月1日 - )は、日本の小説家、エッセイストである。本名、東郷 眞理子(とうごう まりこ)。有限会社林真理子企画事務所代表取締役。 山梨県山梨市出身。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。 コピーライターとして活動の後、1982年(昭和57年)に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなった。さらに1986年(昭和61年)には、『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、小説家としての地位を確立した。林の功績は、 1980年代以降において、「ねたみ・そねみ・しっとを解放」したことであるとも評される。 林は現在、直木賞の選考委員のほか、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞選考委員を務めている。 書店の娘として生まれ、幼少時から大量の本を読む。また、宗教学者・中沢新一は実家が近所で、林の本屋によく通っていたという。また高校時代には山梨放送のオーディションに合格し、DJを務めた事もある。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第94回 直木賞 / 第8回 柴田錬三郎賞 / 第32回 吉川英治文学賞

林 真理子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

週刊文春 5月18日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-05-10
■■■菊川怜と再婚IT長者・穐田誉輝には婚外子が3人■■■「とくダネ!」で小倉智昭が絶賛したクックバッド元社長は前妻と離婚後、2人の内縁女性との間に同時期に子供を……

我らがパラダイス



毎日新聞出版 2017-03-17

我らがパラダイス



毎日新聞出版 2017-03-17
細川邦子(48)は兄・三樹男(53)に憤っている。父・滋(82)の面倒をみるというから、兄夫婦に実家を明け渡したのに、父のぼけがはじまった途端、兄嫁・登喜子(56)が家出をしたというのだ。嫁にガツンと

週刊文春 5月4・11日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-04-26
■■■安倍晋三首相が頼る「運勢」のお告げ「トランプは相性ぴったり」「森友は3月まで。運勢の底は4月4日」■■■安倍首相に頻繁に「運勢メール」を送る人物がいる。中原伸之元東燃社長

マリコ、カンレキ! (文春文庫)



文藝春秋 2017-04-28
ついに還暦を迎えた林さん。美と食への貪欲さは相変わらず、有名人をたくさん呼んで派手な還暦パーティーを開くことに……。朝ドラ「ごちそうさん」の時代考証がヘン、性根の悪

マリコ、カンレキ! (文春文庫)



文藝春秋 2017-04-07

週刊文春 4月27日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-04-20
■■■リンちゃん殺害凌辱鬼・渋谷恭正の素性■■■・「3回離婚した」前妻は中国人、最初の妻との間に20代の娘・AKB小動物系好き、東南アジアロリDVDを職場で自慢・身

下衆の極み (文春e-book)



文藝春秋 2017-03-24
「どうしたらセンテンス・スプリングに書かれずにすみますか?」「センテンス・スプリングの執筆者になることですね」2018年の大河ドラマ「西郷どん」の原作者として、作家

下衆の極み



文藝春秋 2017-03-07


林 真理子の著書を検索する

林 真理子の関連ニュース


林 真理子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、林 真理子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「林 真理子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.