日高 敏隆

(ヒダカ・トシタカ)
日高 敏隆(ひだか としたか、1930年2月26日 - 2009年11月14日)は、日本の動物行動学者。理学博士。 京都大学名誉教授。 ヨーロッパで動物行動学が興るのと同じ時期にこの分野に飛び込んだ草分け期の研究者であり、日本に動物行動学を最初に紹介した研究者の一人でもある。また多国語に堪能であるため、この分野を開拓したコンラート・ローレンツやニコ・ティンバーゲンらの著作の日本語訳や、自ら記した一般向けの啓蒙書も多い。 プロフィール 東京市渋谷区(現・東京都渋谷区)出身。少年時代から昆虫採集に熱中するいわゆる昆虫少年であり、当時は昆虫少年同士の全国的な文通や同人誌を通じたネットワークがあり、日高も世代の近い養老孟司や同年生まれの矢島稔ら、その後昆虫少年からプロの研究者になっていった人々と、その頃から交流があった。小学校時代から昆虫学者を志していたが両親の無理解に苦しみ、また当時通っていた広尾尋常小学校(現・渋谷区立広尾小学校)のスパルタ教育に馴染めず登校拒否に陥り、自殺を考えたこともあるが、担任教師が両親に掛け合って、日高が昆虫学の道に進むことを承諾させると共に、より自由な校風の東京市笄国民学校(現・港区立笄小学校)に越境入学させたことで命を救われた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

日高 敏隆の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

利己的な遺伝子 <増補新装版>


日高 敏隆 翻訳 /岸 由二 翻訳 /羽田 節子 翻訳 /垂水 雄二 翻訳 /
紀伊國屋書店

利己的な遺伝子 (科学選書)


日高 敏隆 翻訳 /岸 由二 翻訳 /羽田 節子 翻訳 /垂水 雄二 翻訳 /
紀伊國屋書店

ソロモンの指環 動物行動学入門


日高 敏隆 翻訳 /
早川書房 2014-10-30
孵卵器のなかでハイイロガンのヒナが卵から孵った。小さな綿毛のかたまりのような彼女は大きな黒い目で、見守る私を見つめ返した。私がちょっと動いてしゃべったとたん、ガンのヒナは私にあいさつした。こうして彼女

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)


Konrad Lorenz 原著 /日高 敏隆 翻訳 /
早川書房

ソロモンの指環―動物行動学入門


Konrad Zacharias Lorenz 原著 /日高 敏隆 翻訳 /
早川書房
ソロモンの指環―動物行動学入門 早川書房

ソロモンの指環―動物行動学入門


日高 敏隆 翻訳 /
早川書房

生物から見た世界 (岩波文庫)


Jakob von Uexk¨ull 原著 /日高 敏隆 翻訳 /羽田 節子 翻訳 /
岩波書店

生物から見た世界


Jakob Von Uexk¨ull 原著 /Georg Kriszat 原著 /日高 敏隆 翻訳 /野田 保之 翻訳 /
新思索社

世界動物大図鑑―ANIMAL DKブックシリーズ


デイヴィッド・バーニー 編集 /日高 敏隆 編集 /
ネコ・パブリッシング

かくれた次元


日高 敏隆 翻訳 /佐藤 信行 翻訳 /
みすず書房
今日の世界では、われわれは、多くの情報源からのデータに圧倒され、さまざまの文化に接触し、世界中いたるところで人びとにインヴォルヴされてゆく。それとともに、世界全体とのかかわりが失われているという意識も

日高 敏隆の著書を検索する

日高 敏隆の関連ニュース


日高 敏隆のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、日高 敏隆と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「日高 敏隆」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.