稗田 阿礼

(ヒエダノ・アレ)
稗田 阿礼 (ひえだ の あれ、生没年不詳(7世紀後半から8世紀初頭))は、飛鳥時代から奈良時代にかけての人物。『古事記』の編纂者の1人として知られる。 稗田阿礼については、「古事記の編纂者の一人」ということ以外はほとんどわかっていない。同時代の『日本書紀』にもこの時代の事を記した『続日本紀』にも記載はない。『古事記』の序文によれば、天武天皇に舎人として仕えており、28歳のとき、記憶力の良さを見込まれて『帝紀』『旧辞』等の誦習を命ぜられたと記されている。元明天皇の代、詔により太安万侶が阿礼の誦するところを筆録し、『古事記』を編んだ。 時有舎人。姓稗田ヽ名阿礼ヽ年是二十八。為人聡明ヽ度目誦口ヽ払耳勒心。即ヽ勅語阿礼ヽ令誦習帝皇日継及先代旧辞。(『古事記』序) 訳:そのとき、一人の舎人がいた。姓は稗田、名は阿礼。年は28歳。聡明な人で、目に触れたものは即座に言葉にすることができ、耳に触れたものは心に留めて忘れることはない。すぐさま(天武)天皇は阿礼に「『帝皇日継』(ていおうのひつぎ。帝紀)と『先代旧辞』(せんだいのくじ。旧辞)を誦習せよ」と命じた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

稗田 阿礼の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

古事記(完全版): 現代語訳+古事記物語+英文と絵画で読む


稗田阿礼 編集 /楽しく読む名作出版会 編集 /
楽しく読む名作出版会 2015-02-09
キャンペーン中¥250→¥200【本書の特徴】◯本書は現在、電子書籍として公開できる古事記に関する本(現代語訳や古事記物語など)をすべて含んでいます。◯

古事記 03 現代語訳 古事記


武田 祐吉 翻訳 /
2012-10-07
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

古事記 02 校註 古事記


武田 祐吉 編集 /
2013-10-21
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

古事記


武田 祐吉 編集 /武田 祐吉 翻訳 /
サキ出版 2014-01-03
本書は、青空文庫より以下を収録しています。 ◆古事記 01 凡例  (著者:武田祐吉) ※文字遣い種別:旧字新仮名 ◆古事

古事記を学ぶ



ドリームブックス 2015-02-08
・古事記を学び親しんでいただくための作品です。・「校註古事記」「現代語訳古事記」を収録。古典的な言い回しのものと、現代語訳を合わせて読めるためより理解を深めやすい構成。

必見! 古事記―現代語譚―



ゴマブックス株式会社 2013-12-28
日本最古の歴史書といわれる古典中の古典を紐解こう日本人であるならば、誰もが耳にしたことがある我が国最古の歴史書と言われる『古事記』。しかし、実際に読んだことがあるという人は少な

稗田 阿礼の著書を検索する

稗田 阿礼の関連ニュース


稗田 阿礼のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、稗田 阿礼と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「稗田 阿礼」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.