東野 圭吾

(ヒガシノ・ケイゴ)
東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。 学生時代 1958年、大阪市生野区に生まれる。当時の街が1999年に刊行された『白夜行』や『浪花少年探偵団』シリーズの舞台となっているなど、作品には自身の体験が幅広く取り入れられている。また、東野という名字は、最初は「とうの」と読んでいたが、圭吾の父親が「ひがしの」と読み方を変えたらしい。以来その地で育ち、大阪市立小路小学校、大阪市立東生野中学校に進学。この頃の体験などを綴った自身のエッセイ『あの頃僕らはアホでした』などによると、成績は「オール3」であり、また読書少年でもなかった。 その後大阪府立阪南高等学校に入学し、2年生になった1974年、偶然手に取った小峰元『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説に初めて嵌る。同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、さらに松本清張の著作を読み漁るようになり、やがて推理小説を書き始める。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第134回 直木賞 / 第31回 江戸川乱歩賞 / 第26回 柴田錬三郎賞 / 第48回 吉川英治文学賞

東野 圭吾の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

素敵な日本人 東野圭吾短編集



光文社 2017-03-30

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

ラプラスの魔女



KADOKAWA/角川書店 2015-05-15
帯あり。裏側数ページに軽く折れがあります。表紙に目立たない程度の摩れ、ゆがみがありますが、本自体は美品です。

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)



KADOKAWA/角川書店 2014-11-22

ナミヤ雑貨店の奇蹟



角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-03-28
完全未読本

夢幻花 (PHP文芸文庫)



PHP研究所 2016-04-07

夢幻花(むげんばな)



PHP研究所 2013-04-18

容疑者Xの献身 (文春文庫)



文藝春秋
容疑者Xの献身 (文春文庫) [文庫] [Aug 05, 2008] 圭吾, 東野

容疑者Xの献身



文藝春秋


東野 圭吾の著書を検索する

東野 圭吾の関連ニュース


東野 圭吾のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、東野 圭吾と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「東野 圭吾」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.