東山 彰良

(ヒガシヤマ・アキラ)
東山 彰良(ひがしやま あきら、本名:王 震緒、1968年9月11日 - )は、台湾出身の日本の小説家。福岡県小郡市在住。 経歴・人物 1968年、中国人の両親のもと台湾で生まれ、5歳まで台北市で過ごした後、日本へ移住。9歳のとき台北の南門小学校に入学したが、日本に戻り福岡で育つ。日本に帰化せず、中華民国台湾の国籍を保持している。祖父は中国山東省出身の抗日戦士。父親の王孝廉は1949年に台湾に移り教師となり、1973年に日本に移り住んだ。 筆名の「東山」は祖父の出身地である中国山東省から、「彰良」は父親が暮らした地であり、母親の出身地でもある台湾の彰化に由来する。西南学院中学校・高等学校、西南学院大学経済学部経済学科卒業。1995年に西南学院大学大学院経済学研究科修士課程を修了し、吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退。 2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞および読者賞を受賞。同作は『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』と改題して出版され、20万部突破のベストセラーとなった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第153回 直木賞

東山 彰良の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。



講談社



講談社 2015-05-22
青春は、謎と輝きに満ちている――台湾生まれ、日本育ち。「このミス!」出身の異才が、初めて自らの血を解き放つ! 何者でもなかった。ゆえに自由だった――。1975年、偉大なる総統の死の翌月、愛すべき祖父は

流(上)


Audible Studios 出版社 /奥田 隆仁 ナレーション /
Audible Studios
何者でもなかった。ゆえに自由だった――。 1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。 内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ? 誰が? 選考委員満場一

猫が見ている (文春文庫)

¥691

文藝春秋

宮辻薬東宮



講談社

僕が殺した人と僕を殺した人 (文春e-book)



文藝春秋 2017-05-12
直木賞受賞作『流』と双璧をなす長編小説1984年。13歳だった。夏休みが終わる2日前、ぼくたちの人生はここから大きく狂いはじめたんだ――。一

NARUTO―ナルト― カカシ秘伝 氷天の雷 (ジャンプジェイブックスDIGITAL)



集英社 2015-07-03
【小説版登場!】第四次忍界大戦から、一年後の物語。六代目火影就任の日が近づくカカシ。波の国の極秘飛行船飛鯱丸に搭乗し、人質救出任務にあたる彼は、そこで凍てついた心の悲しき忍と対峙する。友の眼と共に雷を

別冊文藝春秋 電子版12号 (文春e-book)


文藝春秋・編 編集 /
文藝春秋 2017-02-20
別冊文藝春秋(通巻328号/2017年3月号) 今号は新連載が二作。中島京子さんの「夢見る帝国図書館」では、戦前における日本唯一の国立図書館・帝国図書館の数奇な運命をユーモラス

東山 彰良の著書を検索する

東山 彰良の関連ニュース


東山 彰良のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、東山 彰良と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「東山 彰良」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.