樋口 裕一

(ヒグチ・ユウイチ)
樋口 裕一 (ひぐち ゆういち、1951年 - ) は、日本の翻訳家・多摩大学教授、京都産業大学客員教授(非常勤タイプ)、東進ハイスクール客員講師(小論文)。白藍塾主宰。 大分県出身。大分県立大分上野丘高等学校卒業。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。文学修士(立教大学フランス文学専攻)。 いわゆる「樋口式小論文」を編み出した人物で、「小論文はYESかNOを答える文章である。小論文は問題提起、意見提示、展開、結論の四部構成で書け」と主張している。 大学受験参考書の他、小学生のための作文参考書、高校入試や就職試験のための小論文・作文参考書、フランス語で書かれたアフリカ文学などの翻訳、さらに近年では、日本語関連の一般書を多数刊行し、著作の総計は100冊を超える。 小論文指導のノウハウを応用した『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書)を出版し、250万部を超えるベストセラー(同年の書籍売上1位)になる。これ以降「頭がいい人、悪い人~」と銘打たれた類似書物が本人執筆含め多く出版された。 以前はペンネームとして本河 裕(ほんかわ ゆう)名義を使用していた事もある。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

樋口 裕一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

小論文これだけ! ―超基礎編



東洋経済新報社

小論文これだけ!超基礎編―短大・推薦入試から難関校受験まで



東洋経済新報社 2014-08-08
04年の発売以来売れ続けている『小論文これだけ!』の続編。前作を難しいと感じる受験生向けにさらに基礎的な内容を網羅。一番最初に読みたい1冊。短大・推薦受験ならこれ1冊だけで合格小論文が書ける!

樋口 裕一の著書を検索する

樋口 裕一の関連ニュース


樋口 裕一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、樋口 裕一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「樋口 裕一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.