日影 丈吉

(ヒカゲ・ジョウキチ)
日影 丈吉(ひかげ じょうきち、1908年(明治41年)6月12日) - 1991年(平成3年)9月22日)は、日本の小説家、推理作家、翻訳家。東京都出身。本名は片岡十一。幻想的な作風で、代表作として長篇小説「真赤な子犬」「内部の真実」「応家の人々」、短篇小説「猫の泉」「吸血鬼」、探偵右京慎策の活躍するハイカラ右京シリーズなど。 生い立ち 1908年(明治41年)に東京府東京市深川区深川木場町(現在の東京都江東区木馬一丁目)で、魚問屋の父と魚小売商の母の間に第三子として生まれる。4歳の時に父が亡くなり、その魚問屋のあった日本橋に移る。1917年に深川に戻り、神田の明治中学に入学、中学時代は金剛社の探偵小説の叢書を愛読し、『童話』誌に投稿して入選したこともあった。関東大震災で家と学校が被災し、一時叔母のいた千葉の谷津海岸に身を寄せた。学校の復旧が遅れたために14歳から語学教室『アテネ・フランセ』に通って外国語を修得し、その一方で『川端画学校』にて西洋画も学ぶ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第18回 泉鏡花文学賞

日影 丈吉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

日影丈吉傑作館 (河出文庫)



河出書房新社

移行死体 (徳間文庫)



徳間書店

新編・日本幻想文学集成 第1巻


安藤 礼二 編集 /山尾 悠子 編集 /高原 英理 編集 /諏訪 哲史 編集 /
国書刊行会

メグレと老婦人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 16-2)


Georges Simenon 原著 /日影 丈吉 翻訳 /
早川書房

メグレと老婦人 (世界ミステリシリーズ)


Georges Simenon 原著 /日影 丈吉 翻訳 /
早川書房

日影丈吉 幻影の城館 (河出文庫)



河出書房新社 2016-05-07


日影 丈吉の著書を検索する

日影 丈吉の関連ニュース


日影 丈吉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、日影 丈吉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「日影 丈吉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.