干刈 あがた

(ヒカリ・アガタ)
干刈あがた(ひかり あがた, 1943年1月25日 - 1992年9月6日)は、日本の小説家。本名浅井和枝(旧姓柳)。東京府出身。 安保闘争世代の女性の青春と、結婚、離婚、子育てなど、社会や家族との関わりについて、鋭い同時代性を持って描き、読者の大きな共感を得た。また、両親の出身地である奄美群島の郷土史研究家でもあった。約10年ほどの作家生活の後、49歳で死去。 講談社児童文学新人賞選考委員を、1988年から1991年まで務めた。 東京府青梅町に生まれる。東京都立富士高等学校在学中、高校新聞部連盟の呼びかけで安保闘争のデモや集会に参加する。1962年に早稲田大学第一政経学部新聞学科に入学するが、翌年中退。コピーライターを経て、1967年から70年頃まで、月刊誌『若い女性』に旅行体験記を掲載するなど、不定期的に雑誌のライターとして働き、作詞(冷泉公裕『四回戦ボーイ』)なども手がけた。 1975年に、島尾敏雄の呼びかけで作られた「奄美郷土研究会」の会員になり、島唄の採集を始める。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第8回 野間文芸新人賞

干刈 あがたの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

P+D BOOKS ウホッホ探険隊



小学館 2017-02-10
離婚を機に始まる、家族の優しく切ない物語。「僕たちは探険隊みたいだね。離婚ていう、日本ではまだ未知の領域を探険するために、それぞれの役をしているの」――

堤中納言物語・うつほ物語


ひらい たかこ イラスト /藤川 秀之 イラスト /
講談社

堤中納言物語・うつほ物語 21世紀版少年少女古典文学館



講談社 2013-07-19
『堤中納言物語』は、毛虫を愛する型破りなお姫さまや、片思いに身を焦がす憂愁な貴公子などの登場人物たちが登場する物語で、世界最古の短編小説集。『うつほ物語』は全20巻、日本最古の長編物語。天上の琴を守り

ウホッホ探険隊



福武書店

ウホッホ探険隊 (福武文庫)



ベネッセコーポレーション


干刈 あがたの著書を検索する

干刈 あがたの関連ニュース


干刈 あがたのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、干刈 あがたと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「干刈 あがた」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.