ひかわ 玲子

(ヒカワ・レイコ)
ひかわ 玲子(ひかわ れいこ、1958年5月17日 - )は、日本の小説家。東京都豊島区出身、東京都在住。早稲田大学社会科学部卒業。 本名:渡辺かおる。音楽評論家の渡辺茂の子として、東京都に生まれる。恵泉女学園中学・高等学校を経て、早稲田大学を卒業。父がSF同人誌『宇宙塵』の同人であったため、幼い頃からSFやファンタジーに親しんだ。 学生時代はワセダミステリクラブに在籍しており、また、小谷真理らが参加していたファンタジー系サークル「ローラリアス」にも参加。後に「ローラリアス」の副幹事も経験している。伯父である推理作家の氷川瓏 (と渡辺剣次) の影響を受け、自らも小説を書いた。筆名はこの伯父にちなむ (「ひかわ (氷川)」「玲子 (玲瓏 : 玉などが透き通るように美しいさま。)」)。 レコード会社のプロモーター、ライターを経て、M・Z・ブラッドリーの『ヘラーズの冬』『ホークミストレス』を共訳(氷川玲子名義)。1988年、「バセット英雄伝 エルヴァーズ」を『ドラゴンマガジン』に連載し、小説家デビューした。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

ひかわ 玲子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

三剣物語 文庫 1-3巻セット (角川文庫―スニーカー文庫)



KADOKAWA/角川書店
《24時間以内に発送致します》1-3巻の3巻セットです。漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。細かい傷、焼け、汚れ等がありますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致し

女戦士エフェラ&ジリオラ 2 (幻狼ファンタジアノベルス)


芳住和之 イラスト /
幻冬舎コミックス 2014-09-01
宝探しの代金をヴァンサン公子から取り立てるために、カメーラ公国へとやってきたエフェラとジリオラ。だが、何者かによって、公子とジリオラの魂が入れ替えられてしまった!二人を元に戻すため、魔界に向かう一行。

女戦士エフェラ&ジリオラ〈2〉 (幻狼ファンタジアノベルス)


芳住 和之 イラスト /
幻冬舎コミックス

女戦士エフェラ&ジリオラ〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)


芳住 和之 イラスト /
幻冬舎コミックス

女戦士エフェラ&ジリオラ 1 (幻狼ファンタジアノベルス)


芳住和之 イラスト /
幻冬舎コミックス 2014-07-01
ムアール帝国の衰退により、戦乱の波に呑まれつつあるハラーマ大陸。傭兵の元魔道士エフェラと皇女ジリオラは各地を旅する中、グラフトン公国で三つ子の公子と出会う。人間の魂を奪うと伝えられる教団が支配するフォ

妖かしの館―美族 (光文社文庫)


末弥 純 イラスト /
光文社

女戦士エフェラ&ジリオラ〈4〉 (幻狼ファンタジアノベルス)


芳住 和之 イラスト /
幻冬舎コミックス

女戦士エフェラ&ジリオラ〈5〉 (幻狼ファンタジアノベルス)


芳住 和之 イラスト /
幻冬舎コミックス


ひかわ 玲子の著書を検索する

ひかわ 玲子の関連ニュース


ひかわ 玲子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、ひかわ 玲子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「ひかわ 玲子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.