姫野 カオルコ

(ヒメノ・カオルコ)
姫野 カオルコ(ひめの かおるこ、1958年8月27日 - )は、日本の小説家。姫野 嘉兵衛と表記することもある。 1958年(昭和33年)、現在の滋賀県甲賀市に生まれる。滋賀県の公立高校(滋賀県に密着した自伝的要素の強い作品が多いため、第三者に迷惑がかかることのないよう高校名は非公開としている)卒業。青山学院大学文学部日本文学科卒業。 大学在学中より雑誌ライターとして活動を開始し、現在の筆名を使用し始める。読者投稿原稿のリライト作業などを主としていたが、のちに末井昭編集長時代の『写真時代』にて映画評も執筆するようになる。1990年、出版社に持ち込みをした『ひと呼んでミツコ』で単行本デビュー。 1997年、『受難』が第117回直木賞候補に。2003年、『ツ、イ、ラ、ク』が第130回直木賞候補に。2006年、『ハルカ・エイティ』が第134回直木賞候補に。2010年、『リアル・シンデレラ』が第143回直木賞候補に。2014年1月、『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞した。 5回の直木賞ノミネート 賞とは無縁で「無冠の女王」と呼ばれたりもしたが、5回目にして直木賞受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

姫野 カオルコの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ツ、イ、ラ、ク (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)

ツ、イ、ラ、ク (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2012-10-01
地方。小さな街。閉鎖的なあの空気。渡り廊下。放課後。痛いほどリアルに甦るまっしぐらな日々--。給湯室。会議。パーテーション。異動。消し去れない痛みを胸に隠す大人たちへ贈る、かつてなかったピュアロマン。

ツ、イ、ラ、ク



角川書店(角川グループパブリッシング)

リアル・シンデレラ (光文社文庫)



光文社 2012-06-20
童話「シンデレラ」について調べていたのを機にライターの〈私〉は、長野県諏訪市に生れ育った倉島泉(くらしません)について、親族や友人に取材をしてゆくことになる。両親に溺愛(できあい)される妹の陰で理不尽

昭和の犬 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2016-01-08
昭和三十三年滋賀県に生まれた柏木イク。気難しい父親と、娘が犬に咬まれたのを笑う母親と暮らしたのは、水道も便所もない家。理不尽な毎日だったけど、傍らには時に猫が、いつも犬が、いてくれた。平凡なイクの歳月

昭和の犬



幻冬舎
「昭和の犬」 辛いこともあったけど、平凡だから、幸せなこと。 著者  姫野カオルコ 発行者 見城徹 発行所 ㈱ 幻冬舎 2013年9月10日 第1刷 2014年1月10日 第3刷 価格1600円+(税

昭和の犬 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-12-04

謎の毒親



新潮社


姫野 カオルコの著書を検索する

姫野 カオルコの関連ニュース


姫野 カオルコのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、姫野 カオルコと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「姫野 カオルコ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.