日野 啓三

(ヒノ・ケイゾウ)
日野 啓三(ひの けいぞう、1929年6月14日 - 2002年10月14日)は、日本の小説家。ベトナム戦争を題材にした作品や、現代都市における幻想を描く都市小説といわれる作品などで知られる。 東京生まれ。5歳の時に父親の仕事のため朝鮮に移り、小中学校時代を慶尚南道密陽で暮らした。1942年にソウルに移って、龍山中学に通う。敗戦後は父親の故郷広島県福山市に引き揚げ、広島県立府中中学校(現広島県立府中高等学校)を経て、1946年に旧制一高入学、この頃野間宏、椎名麟三などの戦後文学に関心を持ち、大岡信、丸山一郎(佐野洋)らと同人誌『二十代』、次いで同じメンバーで『現代文学』を作り、文芸評論を執筆した。 1952年、東京大学文学部社会学科卒業し、読売新聞外報部に勤務。この年に『文学界』の新人批評家特集で「荒正人論-虚点という地点について」寄稿、同誌の会合で安岡章太郎、吉行淳之介、奥野健男ら同世代の作家や批評家と交流する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第72回 芥川賞 / 第46回 野間文芸賞 / 第47回 読売文学賞小説賞 / 第22回 谷崎潤一郎賞 / 第10回 泉鏡花文学賞

日野 啓三の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

火の海の中の蓮華―ベトナムは告発する (1968年)


日野 啓三 翻訳 /
読売新聞社

砂丘が動くように (講談社文芸文庫)



講談社 2013-11-29
海沿いの砂丘のある町にやってきたルポライターの男が、少年に誘われ迷い込んでゆく奇妙な町の夜と昼の光景。超能力を持つ少年と盲目のその姉。女装する美しい若者。夜の闇に異常発生する正体不明の無数の小動物キン



文藝春秋


日野 啓三の著書を検索する

日野 啓三の関連ニュース


日野 啓三のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、日野 啓三と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「日野 啓三」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.