平出 隆

(ヒライデ・タカシ)
平出 隆(ひらいで たかし、1950年11月21日 - )は、日本の詩人、批評家・装幀家。多摩美術大学教授。詩・小説・短歌・批評・紀行文・エッセイなど、文学の諸形態が混じりあう領域での作品の制作を行っており、「詩の中から新しい散文を生む」(大江健三郎)実験と評される。また早い時期から装幀・造本の仕事も行っており、同分野でも受賞するなど高い評価を受けている。 福岡県門司市(現北九州市門司区)出身。福岡県立小倉高等学校を経て、一橋大学社会学部に入学。神田神保町の「美学校」にも通う。大学在学中の1972年に連作詩篇「花嫁」を『ユリイカ』に発表。1976年に一橋大学を卒業。 1974年、稲川方人、のちに妻となる河野道代とともに、版元「書紀書林」を設立。1975年以降、同社から詩誌『書紀』『書紀=紀』のほか、いくつかの詩書を刊行。70年代の詩的ラディカリズムを担う。80年代半ば以降、同社はしばらく活動を休止したが、90年代には建畠晢が新たに加入し、詩誌『stylus』を刊行した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

平出 隆の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

猫なんて!



キノブックス

遊歩のグラフィスム



岩波書店
「遊歩」をキーワードにして,詩学以前の渾沌状態の思考のありようを,言語と絵画の相互浸透に惹かれ,実際に「遊歩」を好み,一つの言語が抱える諸領分をジャンルをかまわず踏み破って歩いていった藝術家たちの仕事

鳥を探しに



双葉社

私と世界、世界の私 13歳からの大学授業 (桐光学園特別授業4)


桐光学園中学校・高等学校 編集 /
水曜社

猫の客 (河出文庫 ひ 7-1)



河出書房新社

猫の客



河出書房新社

雷滴


加納光於(インタリオ複製13点) イラスト /
via wwalnuts


平出 隆の著書を検索する

平出 隆の関連ニュース


平出 隆のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、平出 隆と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「平出 隆」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.