平岩 弓枝

(ヒライワ・ユミエ)
平岩 弓枝(ひらいわ ゆみえ、1932年3月15日 - )は、日本の脚本家、小説家。代表作に『御宿かわせみ』シリーズ、『はやぶさ新八御用帳』シリーズなどがある。 生い立ち 東京・代々木にある代々木八幡宮の一人娘として生まれた。太平洋戦争(大東亜戦争)末期の1945年(昭和20年)、伯母の実家がある福井県に疎開し。そこでは福井高等女学校(現在の福井県立藤島高等学校)に通っていた。 戦後、東京に戻った平岩は日本女子大学附属高等学校に通い、そこで友人らと演劇部を結成して『安寿と厨子王』などをもとにした脚本を執筆・上演した。なおその頃の同期には河内桃子などがいた。1955年(昭和30年)に日本女子大学国文科を卒業した平岩は戸川幸夫に師事、その後長谷川伸主宰の新鷹会に入会。同門の先輩の伊東昌輝と結婚した。伊東は平岩家の婿養子となり、平岩昌利を名乗り、代々木八幡宮の宮司を務める。娘の平岩小枝(こずえ)は代々木八幡宮の禰宜を務める。 作家・脚本家 1959年(昭和34年)、『鏨師』が第41回直木賞を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第41回 直木賞 / 第25回 吉川英治文学賞

平岩 弓枝の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

新・御宿かわせみ7 青い服の女 (文春e-book)



文藝春秋 2017-03-24
累計1700万部をこえる国民的ベストセラー。「御宿かわせみ」が全34巻、明治の初めに時代を移した「新・御宿かわせみ」シリーズが全6巻。第41巻目となる本書の「二人女房」で、記念すべき第300話目を迎え

合本 御宿かわせみ(一)~(三十四)【文春e-Books】



文藝春秋 2014-11-21
江戸情緒をたたえた捕物帳でロングセラーとなった大人気シリーズ「御宿かわせみ」の既刊34巻(文春文庫)を1冊にまとめた合本。江戸の大川端にある小さな旅籠「かわせみ」。若き女主人るいは、元・同

新・御宿かわせみ特別長編 お伊勢まいり (文春e-book)



文藝春秋 2016-01-22
「御宿かわせみ」四十巻にして初の特別長編!るいやお吉が東海道から伊勢を目指す! のどかな街道風景と、次々に起こる怪事件。国民的時代小説シリーズ第四十巻の記念碑的作品

新・御宿かわせみ5 千春の婚礼 (文春e-book)



文藝春秋 2015-02-20
明治時代に舞台をうつした、新・御宿かわせみ第5弾! 千春と清野凜太郎が無事に婚礼を挙げた数日後、麻太郎と源太郎が奇妙な事件に出くわす。狸穴の大地主・林田理兵衛の息子・政吉が首をくくったが、理兵衛も奉公

御宿かわせみ (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
江戸情緒をたたえた捕物帳でロングセラーとなった、人気シリーズの新装版の第一作。大川端にある小さな旅籠「かわせみ」。若き女主人るいは、元・同心の娘。都市を行きかう人びとがひと時のやすらぎを求めて投宿する

きずな―時代小説親子情話 (ハルキ文庫 ほ 3-2 時代小説文庫)


細谷正充・編 編集 /
角川春樹事務所
〈親子というのは人間社会における、最小単位のコミュニティであろう。血の繋がりで、あるいは一緒に暮らしてきた歳月で作り上げてきた親子の間には、切っても切れぬ絆が生まれるものである。〉 宮部みゆき「鬼子母

平岩 弓枝の著書を検索する

平岩 弓枝の関連ニュース


平岩 弓枝のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、平岩 弓枝と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「平岩 弓枝」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.