平野 威馬雄

(ヒラノ・イマヲ)
平野 威馬雄(ひらの いまお、1900年(明治33年)5月5日 - 1986年(昭和61年)11月11日)は、横浜市出身の詩人・フランス文学者。同人誌「青宋」主宰。日本詩人クラブ創設会員。大杉栄との交流の縁から、平野の父とも個人的に交友関係のあったジャン・アンリ・ファーブル関係の著作の翻訳をいくつか手がけたことでも知られている。松戸 淳(まつど じゅん)という変名で好色文学の翻訳も手がけた。2度の結婚で9人の子を持つ。 来歴・人物 生い立ち 東京市赤坂区青山北町(現在の東京都港区北青山)の柳原愛子邸に生まれ、横浜市西区老松町に育つ。父は弁護士事務所勤務から富豪の未亡人の3番目の夫となったことで財を成し、美術好きの日本通としてサンフランシスコ日米協会The Japan Society of San Francisco(The Japan Society of Northern Californiaの前身)の初代会長を務めたヘンリイ・パイク・ブイ(Henry Pike Bowie)で、その妻の死後1893年に来日し日米を行き来していた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

平野 威馬雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

長寿の研究―楽観論者のエッセイ


Elie Metchnikoff 原著 /平野 威馬雄 翻訳 /
幸書房

私は幽霊を見た 現代怪談実話傑作選 (文庫ダ・ヴィンチ)


東雅夫 編集 /
メディアファクトリー 2012-08-23


平野 威馬雄の著書を検索する

平野 威馬雄の関連ニュース


平野 威馬雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、平野 威馬雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「平野 威馬雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.