平山 寿三郎

(ヒラヤマ・ジュサブロウ)
平山寿三郎(ひらやま じゅさぶろう、1933年 - )は、日本の時代小説家。 1933年、東京都生まれ。千葉県立佐倉高等学校卒業後、出版販売業や外食産業に従事し、1993年、定年退職後執筆活動をはじめる。1998年に『東京城残影』(講談社刊)で第9回・時代小説大賞を受賞。 作品 『雲、西南に流る』 (講談社) ISBN 4062126605 『東京(とうけい)城残影』 (講談社) ISBN 4062732556 『明治ちぎれ雲』 (講談社) ISBN 406211951X 『明治おんな橋』 (講談社) ISBN 4062736950 『女人しぐれ』 (講談社) ISBN 4062105438。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

平山 寿三郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

雲、西南に流る



講談社

女人しぐれ



講談社

明治ちぎれ雲



講談社

東京城残影



講談社

明治おんな橋



講談社


平山 寿三郎の著書を検索する

平山 寿三郎の関連ニュース


平山 寿三郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、平山 寿三郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「平山 寿三郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.