広津 和郎

(ヒロツ・カズオ)
広津 和郎(廣津 和郎、ひろつ かずお、1891年(明治24年)12月5日 - 1968年(昭和43年)9月21日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家である。明治期に活動した硯友社の小説家・広津柳浪の子。 年譜 1891年(明治24年) 広津柳浪と須美(旧姓・蒲池)の次男として、東京牛込矢来町で生まれた。2歳年長の兄・俊夫がいた。 1898年(明治31年) 7歳 東京市立赤城小学校に入学した。 母・須美が結核で病死した。享年27。 この頃、中村吉蔵が寄寓し、永井荷風が父・広津柳浪に弟子入りした。 1900年(明治33年)9歳 東京牛込弁天町に転居、以後頻繁に東京市内を移転した。 1902年(明治35年)11歳 父・広津柳浪が再婚し継母・潔子を迎えた。 1904年(明治37年)13歳 麻布中学校に入学、病弱で欠席がちだった。 東京麻布霞町、笄町に転居した。 1905年(明治38年)14歳 東京麻布霞町に転居した。 雑誌『女子文壇』に短文「不眠の夜」を投稿、特別賞を得た。 この頃、同級生だった伊達順之助・石田幹之助・細川潤一郎などと知り合った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第16回 野間文芸賞

広津 和郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

広津 和郎の著書を検索する

広津 和郎の関連ニュース


広津 和郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、広津 和郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「広津 和郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.