久生 十蘭

(ヒサオジュウラン)
久生 十蘭(ひさお じゅうらん、1902年4月6日 - 1957年10月6日)は日本の小説家、演出家。北海道函館市出身、本名阿部正雄。推理もの、ユーモアもの、歴史もの、現代もの、 時代小説、ノンフィクションノベルなど多彩な作品を手掛け、博識と技巧で「多面体作家」「小説の魔術師」と呼ばれた。 北海道函館区に、父小林善之助と母鏡の長男として生まれる。父は母方の廻船問屋の番頭頭で、母は草月流生花の師匠だった。2歳の時に両親と離れて、回漕業を営む祖父阿部新之助に養育される。旧制函館中学(現北海道函館中部高等学校)を中退し東京の聖学院中学に移るが、そこも中退。この頃芥川龍之介に私淑し、文学書を耽読した。1920年に帰郷して、函館中学の先輩長谷川海太郎の父の経営する函館新聞社に勤務、演劇に興味を抱き、1922年に演劇集団「素劇会」に参加。1923年に同人グループ「生社」を結成、1924年に同人誌「生」に8編の詩、1926年に処女小説「蠶」、処女戯曲「九郎兵衛の最後」を発表。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第26回 直木賞

久生 十蘭の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

魔都 (創元推理文庫)



東京創元社

魔都 (創元推理文庫)



東京創元社 2017-04-21
日本探偵小説史に屹立する金字塔初出誌〈新青年〉の連載を書籍化、新たに校訂を施して贈る『日比谷公園の鶴の噴水が歌を唄うということですが一体それは真実でし

キャラコさん 02 雪の山小屋

¥551 (⇒¥468

ゴマブックス 2016-07-20

キャラコさん 11 新しき出発

¥540 (⇒¥459

ゴマブックス 2016-07-20

キャラコさん 09 雁来紅の家

¥540 (⇒¥459

ゴマブックス 2016-07-20

キャラコさん 08 月光曲

¥540 (⇒¥459

ゴマブックス 2016-07-20

キャラコさん 06 ぬすびと

¥540 (⇒¥459

ゴマブックス 2016-07-20

キャラコさん 03 蘆と木笛

¥540 (⇒¥459

ゴマブックス 2016-07-20

久生十蘭短篇選 (岩波文庫)


川崎 賢子 編集 /
岩波書店
久生十蘭短篇選 (岩波文庫) [文庫] [May 15, 2009] 久生 十蘭; 川崎 賢子

『久生十蘭作品集・73作品⇒1冊』【さし絵・図解つき】



久生十蘭作品集・出版委員会 2015-05-04
「顎十郎捕物帳」「キャラコさん」「ノンシャラン道中記」。推理もの、歴史もの、現代小説と、ジャンルを問わずユーモアあふれる文体で活躍した久生十蘭の「73作品」を、原作オリジナルの図解とさし絵をそえて、1

久生 十蘭の著書を検索する

久生 十蘭の関連ニュース


久生 十蘭のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、久生 十蘭と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「久生 十蘭」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.