穂村 弘

(ホムラ・ヒロシ)
穂村 弘(ほむら ひろし、1962年5月21日 - )は、日本の歌人。北海道札幌市生まれ。歌誌「かばん」所属。 加藤治郎、荻原裕幸とともに1990年代の「ニューウェーブ短歌」運動を推進した、現代短歌を代表する歌人の一人。批評家、エッセイスト、絵本の翻訳家としても活動している。 北海道札幌市に長男(ひとりっ子)として生まれる。父親は鉱山技師で、夕張市の炭鉱に勤務した後、建設会社に勤務した。父親の転勤で、2歳の時に神奈川県相模原市に移る。その後横浜市を経て、小学5年から高校卒業まで愛知県名古屋市昭和区で育つ。名古屋市立桜台高等学校では天文部にて伊藤史隆と同期。北海道大学在学中に、友人の影響で塚本邦雄の作品を読んだことから、短歌に興味を持ち始める。1983年、上智大学文学部英文学科に入学。ベンチプレスに熱中し始める。1985年、林あまりらの作品に触発され、作歌を開始。1986年、連作「シンジケート」で第32回角川短歌賞次席。この年の受賞者は俵万智だった。「かばん」誌上にて林あまりに激賞される。 1987年、上智大学文学部英文学科を卒業。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

穂村 弘の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

考えるマナー (中公文庫)



中央公論新社 2017-01-19

世界音痴 (小学館文庫)



小学館 2013-01-21
人気歌人は究極のダメ男?爆笑と落涙の告白末期的日本国に生きる歌人、穂村弘(独身、39歳、ひとりっこ、親と同居、総務課長代理)。雪道で転びそうになった彼女の手を放してしまい、夜中

世界音痴



小学館

猫なんて!



キノブックス

野良猫を尊敬した日



講談社 2017-02-24
現代を代表する人気歌人であり評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍する著者による最新エッセイ集。無邪気になれなかった子供時代、何もなかった青春、そして大人になっても未だ世界とうまく折り合えない

もしもし、運命の人ですか。 (角川文庫)



KADOKAWA / メディアファクトリー 2017-01-25
間違いない。とうとう出会うことができた。運命の人だ。黙々と働く昼も、ひとりで菓子パンをかじる夜も、考えるのは恋のこと。あのときああ言っていたら……今度はこうしよう……延々とシミュレートし続

文学ムック たべるのがおそい vol.1


西崎 憲 編集 /岸本 佐知子 翻訳 /和田 景子 翻訳 /
書肆侃侃房 2016-04-15


穂村 弘の著書を検索する

穂村 弘の関連ニュース


穂村 弘のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、穂村 弘と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「穂村 弘」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.