本間 田麻誉

(ホンマ・タマヨ)
本間 田麻誉(ほんま たまよ)は、昭和期に活動した日本の推理小説作家。資料があまり残っていないため、詳しい経歴は不明の部分が多い。 1910年ごろの生まれと言われている。第二次世界大戦以前にはベークライト工場を経営していたが、空襲で被災。戦後は洋服の行商をなりわいにしていた。 1948年に『宝石』に発表した『犯罪者の戒律』でデビューした。 1949年には『罪な指』、『珈琲くどき』、『猿神の贄』と精力的に作品を発表。 1952年にラジオ用の推理コントとして「座談会殺人事件」を発表して以後、消息不明。 阿知波五郎らと同人誌『めどうさ』を刊行した。同誌は2号で廃刊。 作品 現在、比較的容易に読み得る叢書等に収録されている作品 「猿神の贄」、日本推理作家協会編『探偵くらぶ-探偵小説傑作選1946-1958』下(浪漫編)(『カッパ・ノベルス』)、光文社、1997年11月。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

本間 田麻誉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

本間 田麻誉の著書を検索する

本間 田麻誉の関連ニュース


本間 田麻誉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、本間 田麻誉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「本間 田麻誉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.