堀 辰雄

(ホリ・タツオ)
堀 辰雄(ほり たつお、1904年(明治37年)12月28日 - 1953年(昭和28年)5月28日)は、日本の小説家。 それまで私小説的となっていた日本の小説の流れの中に、意識的にフィクションによる「作りもの」としてのロマン(西洋流の小説)という文学形式を確立しようとした。フランス文学の心理主義を積極的に取り入れ、日本の古典や王朝女流文学にも新しい生命を見出し、それらを融合させることによって独自の文学世界を創造した。肺結核を病み、軽井沢に療養することも度々あり、そこを舞台にした作品を多く残した。 戦時下の不安な時代に、時流に安易に迎合しない堀の作風は、後進の世代の立原道造、中村真一郎、福永武彦、丸岡明などから支持され、彼らは堀の弟子のような存在として知られている。戦争末期からは結核の症状が悪化し、戦後はほとんど作品の発表もできず、闘病生活を送ったが48歳で死去した。 生涯 幼少時代 1904年(明治37年)12月28日、東京府東京市麹町区麹町平河町五丁目2番地(現東京都千代田区平河町二丁目13番)にて出生。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

堀 辰雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

風立ちぬ (集英社文庫)



集英社 2013-09-19
病に冒された婚約者の節子につき添い、“私たち”は高原のサナトリウムで、風変わりな愛の生活を始めた。小鳥がさえずり、山はバラ色に輝き、死の影におびえながらも、二人は残された時に幸福のすべてを見いだそうと

風立ちぬ (青空文庫POD(大活字版))

¥939

青空文庫POD[NextPublishing] 2014-02-27

風立ちぬ (青空文庫POD)

¥1328

ゴマブックス株式会社 2016-03-28

風立ちぬ



2012-09-13
昭和初期に活躍した小説家、堀辰雄の小説。1923(大正12)年、19歳の時に堀辰雄は結核を発病した。自ら病みつつ、より病状の重かった婚約者に付き添って信州のサナトリウムに入った数ヶ月の経験をふまえて書

絶対読むべき名作 風立ちぬ



ゴマブックス株式会社 2013-06-10
目次序曲春風立ちぬ冬死のかげの谷

風立ちぬ



知温書房 2013-04-06
昭和初期に活躍した小説家、堀辰雄の小説。1923(大正12)年、19歳の時に堀辰雄は結核を発病した。自ら病みつつ、より病状の重かった婚約者に付き添って信州のサナトリウムに入った数ヶ月の経験をふまえて書

堀 辰雄の著書を検索する

堀 辰雄の関連ニュース


堀 辰雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、堀 辰雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「堀 辰雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.