堀口 大學

(ホリグチ・ダイガク)
堀口 大學(ほりぐち だいがく、新字体:堀口 大学、1892年(明治25年)1月8日 - 1981年(昭和56年)3月15日)は、明治から昭和にかけての詩人、歌人、フランス文学者。訳詩書は三百点を超え、日本の近代詩に多大な影響を与えた。雅号は十三日月。葉山町名誉町民。 学生時代 1892年(明治25年)、東京帝大在学の堀口九萬一(のち外交官)の長男として、東京市・本郷区森川町(現・東京都文京区本郷或いは西片辺り)に生まれる。父は戊辰戦争で戦死した長岡藩士・堀口良治右衛門の長男で、母は村上藩士江坂氏の長女である。大學という名前は、出生当時に父が大学生だったことと、出生地が東京帝国大学の近所であることに由来する。日清戦争開始により、父が仁川領事館補として朝鮮に単身赴任するにあたり、新潟県古志郡長岡町(現・長岡市)に引き揚げる。 母が23歳で早世したこともあり、以後は祖母に育てられる。父は閔妃暗殺事件に連座して失脚し、後事を京城在任以来の知己である与謝野鉄幹に託した。1898年(明治31年)長岡町立坂之上尋常高等小学校に入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

堀口 大學の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

悪の華 (新潮文庫)


堀口 大學 翻訳 /
新潮社

夜間飛行 (新潮文庫)


堀口 大學 翻訳 /
新潮社

月下の一群 (講談社文芸文庫)


窪田 般彌 解説 /
講談社

月下の一群 (新潮文庫 ほ 3-1)


堀口 大學 翻訳 /
新潮社

ヴェルレーヌ詩集 (世界の詩 2)


堀口 大學 翻訳 /
彌生書房

コクトー詩集 (新潮文庫)


Jean Cocteau 原著 /堀口 大學 翻訳 /
新潮社

訳詩集 月下の一群 (岩波文庫)


堀口 大學 翻訳 /
岩波書店

戦う操縦士(新潮文庫)


堀口 大學 翻訳 /
新潮社 2016-06-17
僕は多くのことを考える。万一生きていたら、今夜を待って、とくと考えてみよう。ただ、生きているかどうか……。第二次大戦中、敗走するフランス軍に、一飛行士として従軍した作家サン=テグジュペリ。明日、ドイツ

ランボー詩集 (世界の詩 13)


堀口 大學 翻訳 /
彌生書房

花のノートルダム (新潮文庫 赤 119-B)


堀口 大學 翻訳 /
新潮社


堀口 大學の著書を検索する

堀口 大學の関連ニュース


堀口 大學のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、堀口 大學と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「堀口 大學」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.