保阪 正康

(ホサカ・マサヤス)
保阪 正康(ほさか まさやす、1939年12月14日 - )は、日本のノンフィクション作家・評論家・日本近現代史研究者。 北海道札幌郡白石村厚別(現札幌市厚別区)に、教員の父のもとに生まれる。札幌市立柏中学校、北海道札幌東高等学校を卒業。 阿部典英は中学高校の同級生、西部邁は小中学校の1年先輩に当たる。同志社大学文学部社会学科卒業。在学中は演劇研究会で特攻隊員を描いた創作劇を執筆。卒業後、電通PRセンターへ入社。その後、物書きを志して転職した朝日ソノラマで編集者生活を送る。1970年に三島由紀夫事件をきっかけに死のう団事件を2年間取材。途中で5年勤務した朝日ソノラマを退社してフリーに転じ、1972年に『死なう団事件』でノンフィクション作家デビュー。2004年、個人誌『昭和史講座』の刊行で第52回菊池寛賞受賞。 「昭和史を語り継ぐ会」主宰。 著書『東條英機と天皇の時代』『陸軍省軍務局と日米開戦』『忘却された視点』『安楽死と尊厳死』『愛する家族を喪うとき』『日本の医療』『オモテの議論ウラの議論』など多数。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

保阪 正康の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

現代用語の基礎知識2017



自由国民社 2016-11-16

現代用語の基礎知識 大字版2017



自由国民社 2016-11-16

「昭和天皇実録」の謎を解く (文春新書)



文藝春秋 2015-07-17
最強メンバーは1万2000ページに及ぶ激動の記録をどう読んだか?初めて明らかにされた幼少期、軍部への抵抗、開戦の決意、聖断に至る背景、そして象徴としての戦後。天皇の

賊軍の昭和史



東洋経済新報社

賊軍の昭和史



東洋経済新報社 2015-08-07
薩長(さっちょう)史観に隠された歴史の真実!“官軍(かんぐん)”が始めた昭和の戦争を“賊軍(ぞくぐん)”が終わらせた!!鈴木貫太郎(関宿)、石原莞爾(庄

文藝春秋オピニオン 2016年の論点100 (文春e-book)



文藝春秋 2015-11-06
当代屈指の論客が日本の問題点100を論じる。 主なテーマは以下の通り。【2016年の15大問題】日本人よ、孤立を選ぶな(エマニュエル・トッド)ほか【政治

そして、メディアは日本を戦争に導いた



東洋経済新報社 2013-11-15
昭和史の大家ふたりが、破局に突き進んだ「昭和の大転換期の真相」を明らかにした対談。タブー視され部分的にしか語られることのなかったジャーナリズムと国民自身の戦争責任について、真正面から取り上げている。そ

秘録・陸軍中野学校 (新潮文庫)


保阪 正康 編集 /
新潮社


保阪 正康の著書を検索する

保阪 正康の関連ニュース


保阪 正康のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、保阪 正康と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「保阪 正康」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.