星 新一

(ホシ・シンイチ)
星 新一(ほし しんいち、本名:星 親一、1926年(大正15年)9月6日 - 1997年(平成9年)12月30日)は、日本の小説家、SF作家。 父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一。森鴎外は母方の大伯父にあたる。本名の親一は父・一のモットー「親切第一」の略で、弟の名前の協一は「協力第一」の略。イラストレーターのほししんいちとは特に関係がない。父の死後、短期間星製薬の社長を務めたことがあり、日本の有名作家としては辻井喬こと堤清二(西友社長)と並んで稀有な東証一部上場企業(当時)の社長経験者である(ただし、堤の場合は西友の経営参加や上場よりも創作活動が遙かに先行しており、星の場合は完全に経営を離れたのちに創作活動が始まっている)。 多作さと作品の質の高さを兼ね備えていたところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれているが、『明治・父・アメリカ』、父親や父の恩人花井卓蔵らを書いた伝記小説『人民は弱し 官吏は強し』などのノンフィクション作品もある。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

星 新一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ボッコちゃん (新潮文庫)



新潮社
この商品は1978年7/30二十五刷出版です。表紙裏表多少のスレ傷、側面日焼け、p275、277、279、281上部に小さい折れがありますが、35年前の書籍にしては、とても良いコンディションだと思いま

ボッコちゃん



新潮社 2013-03-01
スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! 日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ

〆切本



左右社 2016-08-30

きまぐれロボット (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2012-10-17
お金持ちのエヌ氏は、博士が最も優秀と自慢するロボットを買入れた。オールマイティのロボットだが、時々あばれたり逃げたりする。ひどいロボットを買わされたと怒ったエヌ氏は博士に文句を言ったが……。ショート・

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


和田 誠 イラスト /
理論社

きまぐれロボット (フォア文庫)


和田 誠 イラスト /
理論社

さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)


Fredric Brown 原著 /星 新一 翻訳 /
早川書房

さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)


星 新一 翻訳 /
早川書房 2017-04-30
記憶喪失のふりをしていた男の意外な正体と驚異の顛末が衝撃的な表題作、遠い惑星に不時着した宇宙飛行士の真の望みを描く「みどりの星へ」、手品ショーで出会った少年と悪魔の身に起こる奇跡が世界を救う「おそるべ

星 新一の著書を検索する

星 新一の関連ニュース


星 新一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、星 新一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「星 新一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.