星 善博

(ホシ・ヨシヒロ)
星善博(ほし よしひろ、1958年1月28日 - )は、栃木県今市市(現・日光市)生まれの詩人。詩作のほか朗読活動も行っている。日本人の出自の原点を模索する詩を書き続けている。現在は埼玉県越谷市在住。日本ペンクラブ、日本詩人クラブ、日本現代詩人会、日本文藝家協会、埼玉詩人会会員、詩誌「日本未来派」同人。 1980年、國學院大學文学部卒業。 1996年8月22日~26日、第16回「世界詩人会議」日本大会に事務局スタッフとして参加。於:前橋市 1996年、詩集「けものすじ」(土曜美術社出版販売)刊。 2004年、詩集「水葬の森」(土曜美術社出版販売)刊。 2005年、詩集「水葬の森」で第15回「日本詩人クラブ新人賞」受賞。 2005年6月11日、日本詩人クラブ宮崎大会にて自作詩朗読。於:宮崎観光ホテル 2005年10月28日、「メキシコ詩人を囲む会」にて自作詩朗読。於:神楽坂エミール 2005年11月17日、韓国の詩人、朴龍喆の生誕100周年記念「詩と歌の夕べ」で詩を朗読。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

星 善博の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

星 善博の著書を検索する

星 善博の関連ニュース


星 善博のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、星 善博と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「星 善博」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.