星野 博美

(ホシノ・ヒロミ)
星野 博美(ほしの ひろみ、女性、1966年2月4日 - )は、日本の写真家・ノンフィクション作家。 東京都生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学科卒業。大学卒業後、会社勤務を経て写真家・橋口譲二のアシスタントとなる。 1994年に独立しフリーの写真家・作家としての活動を開始する。1996年8月より1998年10月まで返還を挟んで香港に滞在し、その時の体験を記した『転がる香港に苔は生えない』で第32回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2012年『コンニャク屋漂流記』で、第2回いける本大賞、第63回読売文学賞随筆・紀行賞受賞。 その後も香港をテーマとした著作・写真集を発表している。 著作 『謝々!チャイニーズ―中国・華南、真夏のトラベリング・バス』 情報センター出版局、1996 のち文春文庫  『華南体感―星野博美写真集』情報センター出版局、1996 『転がる香港に苔は生えない』情報センター出版局、2000 のち文春文庫  『ホンコンフラワー』平凡社、2000年10月 『銭湯の女神』文藝春秋 2001 のち文庫 橋口譲二共著『対話の教室―あなたは今、どこにいますか?』平凡社、2002年7月 『のりたまと煙突』文藝春秋、2006 のち文庫  『迷子の自由』朝日新聞社、2007年2月 『愚か者、中国をゆく』光文社新書、2008年5月 『コンニャク屋漂流記』文藝春秋、2011年7月/文春文庫、2014年 『島へ免許を取りに行く』集英社 2012年9月 『戸越銀座でつかまえて』朝日新聞出版 2013年 『みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記』文藝春秋、2015 脚注 外部リンク 星野博美 (@h2ropon) - Twitter。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

星野 博美の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

転がる香港に苔は生えない (文春文庫)



文藝春秋 2015-07-17
あの時、あの街で、君に出会った中国返還前の香港で、たくましく生き、様々に悩み、見果てぬ夢を追い続ける香港の人々の素顔。第32回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作

転がる香港に苔は生えない (文春文庫)



文藝春秋
   ノンフィクション作家であり、写真家でもある著者は、香港の中国返還の瞬間(1997年7月1日)を体験するため、2年にわたって香港で暮らした。観光客が足を踏み入れることのない下町の古アパートに居を定

転がる香港に苔は生えない



情報センター出版局
   ノンフィクション作家であり、写真家でもある著者は、香港の中国返還の瞬間(1997年7月1日)を体験するため、2年にわたって香港で暮らした。観光客が足を踏み入れることのない下町の古アパートに居を定

みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 (文春e-book)



文藝春秋 2015-11-20
キリシタンは迫害される世に何を思い、どう生きたのか。日本で殉教した外国人の神父たちは、どんな思いで最期を迎えたのか。著者は、当時の人々が手にしたリュートをつまびきながら、時代を生き抜いたキ

コンニャク屋漂流記



文藝春秋 2014-05-09
わたしは一体、どこから来たのだろう? 著者自身の先祖は江戸時代、紀州から房総半島へ渡った漁師で、なぜか「コンニャク屋」という屋号で呼ばれていた。祖父が遺した手記を手がかりに、五反田から千葉、和歌山へ、

コンニャク屋漂流記 (文春文庫)



文藝春秋 2014-03-07

コンニャク屋漂流記



文藝春秋

愚か者、中国をゆく (光文社新書)



光文社 2015-07-24
中国に関する報道や批評などを目にした時に外部の人間がイメージする中国という国と、人民の実生活には大きな隔たりがある、というのが、20年近く、なんとなく中国と関わり続けてきた私の実感だ。(「はじめに」よ

星野 博美の著書を検索する

星野 博美の関連ニュース


星野 博美のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、星野 博美と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「星野 博美」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.